» おすすめなステータスカードはコチラへ

【格付けで選ぶ】ステータスを感じられるおすすめクレジットカードを紹介|モテるクレジットカードで周囲と差をつけよう!

【格付けで選ぶ】 ステータスの高い クレジットカード特集

スペックが良いのは当然だけど、やぱりステータスも欲しい!

クレジットカードの保有に際して、このように思われている方も多いのではないでしょうか。

ここでは、クレジットカードには様々なステータスや格付けがあることを理解していただいた上で、周囲と差をつけることができるおすすめのクレジットカードを紹介していきたいと思います。

個人的にも、クレジットカードには大きくステータス性があるものと思っています。実際に私もそのためのゴールドカードを所有している面もあります。(アメックス・ゴールドやANAアメックス・ゴールド等複数所有)

本記事を読み終える頃にはあなたも、ワンランク上のステータス性のあるクレジットカードを上手に選定できるようになっていますよ。

ステータスカードの象徴

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

 

ステータスカードの象徴と言えば、アメックスゴールドカード。

 

年会費は29,000円(税抜)と決して安くはないものの、ゴールドカードの中で抜群の人気を誇ります。

 

このカードを知っている人は多くても実際に持っている人はそう多くないので、だからこそ周囲にインパクトを与えることができますよ。

 

» 公式サイトを見る

 

 

» ステータスの高いプラチナカードを先に見る

» ステータスの高いゴールドカードを先に見る

  1. モテる為のクレジットカードのステータスや格付けを知っておこう!
    1. ゴールドカードは見た目だけでもステータス性をアピールできる
    2. プラチナカードは一般カードと見間違えられることもある
  2. ステータスが高いと感じる国際ブランドはAMEX・ダイナースクラブが圧倒!
    1. ゴールドカードやプラチナカードを初めてもたらしたのはAMEX
    2. ダイナースクラブカードは知る人ぞ知るステータスカード
    3. VISAやMasterCardは決済カードという認識が多い
    4. 最高峰のラグジュアリーカードも登場!
  3. 格付けが高いおすすめステータスのあるクレジットカード|プラチナカード編
    1. 圧倒的なステータス感!ラグジュアリーカード(ブラック)
    2. 年会費2万で上質なデザインとステータス!MUFGカード・プラチナアメックス
    3. 本物のステータスであるアメリカン・エキスプレス・プラチナカード
    4. 信頼の三井住友ブランド!三井住友VISAプラチナカード
    5. JCBプロパーのプラチナ!JCBプラチナカード
    6. 抜群のコスパ!セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・ビジネスカード
  4. 格付けが高いおすすめのステータスあるクレジットカード|ゴールドカード編
    1. 圧倒的な存在感!アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード
    2. 他の人と差別化できるラグジュアリーカード(チタン)
    3. 知る人ぞ知るステータスのダイナースクラブカード
    4. 知名度と信頼感のある三井住友VISAゴールドカード
    5. コスパ抜群!セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレスカード
    6. JCBプロパーであるJCBゴールドカード
  5. 招待制のおすすめステータスカード
    1. ラグジュアリーカード(ゴールド)
    2. JCB THE CLASS
    3. ダイナースクラブ・プレミアムカード
  6. 入手困難!世界最高峰のステータスカード
    1. アメリカン・エキスプレス・センチュリオンカード
  7. デザインが格好良い!ステータスを感じられるお得な格安ゴールドカード
    1. MUFGカードゴールド
    2. MUFGカード ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード
    3. オリコカード・ザ・ポイントプレミアム
  8. 招待制の上位カードを目指すには下位カードで信用を積み上げることが大事
    1. アメックス・プラチナカードを目指すならアメックス・ゴールドカードで信用を積み上げる
    2. JCB THE CLASSを目指す方法は2通りある
    3. ダイナースクラブ・プレミアムカードを狙うならダイナースクラブカードで信用を積み上げる
  9. クレジットカードにステータスを感じるのは本当か?
    1. クレジットカードにステータスを感じる理由
    2. ゴールドカードでもステータス性は十分!会計時に出せば好印象かも!
  10. モテるために必須!?ステータス性を感じる国際ブランドを独自調査!
  11. 今すぐ入手可能なステータスのあるクレジットカードを作ろう!
    1. 存在感重視!アメックス・ゴールドカード
    2. コスパ重視の方はセゾンゴールド・アメックス
    3. 他と差をつけたい方はラグジュアリーカード(チタン)
  12. まだまだある!入手困難なハイステータスカード
    1. VISA最高のカード!?SURUGA VISAインフィニットカード
    2. ポルシェオーナー限定!ポルシェカード
    3. 意外にも入手が困難!楽天ブラックカード
  13. クレジットカードにステータスや格付けは感じない・必要ないという人もいる
    1. ステータスに固執しすぎるのは見栄を張りたいという気持ちの表れ
    2. ステータスがあっても人間力がなければ人からは好かれない

モテる為のクレジットカードのステータスや格付けを知っておこう!

クレジットカードのステータスや格付表

一般的にはゴールドカード以上ならステータスカードと言える

まず最初に、クレジットカードには以下の通り、様々なステータスや格付けがあることを知っておきましょう。

最近ではゴールドカードの中にも、年会費2,000円程度で持つことができる格安のカードも登場しています。

つまり、ゴールドカードだからといって、必ずしもステータスがあるわけではないことが一つポイントです。

ゴールドカードは見た目だけでもステータス性をアピールできる

周囲にゴールドカードをアピールしているイラスト

お会計時にゴールドカード以上を提示できればステータス感UPも

ゴールドカードはの全てにステータス性があるわけではないとお伝えしましたが、あまりランニングコストをかけたくないという方にとって、格安のゴールドカードはおすすめできる1枚です。理由としては以下の通り。

券面がゴールド仕様となっており、見た目だけで周囲にステータス性をアピールできる

すでにお気づきと思いますが、実際にステータスが高いカードでなくても、ステータスが高いように見せることはできるということです。

そもそも、まじまじとクレジットカードを見られることはあまりないですし、クレジットカードによほど詳しい方でなければ、一瞥して年会費がバレるというケースも少ないのです。

プラチナカードは一般カードと見間違えられることもある

ゴールドカードよりもワンランク上に君臨するプラチナカード。

クレジットカードに対して高いステータス性を求める方におすすめできる1枚ですが、一点注意しておきたいポイントがあります。

券面がシルバーやブラックなことが多いため、クレジットカードに詳しくない人からは一般カードに見えてしまう可能性も。

つまり、プラチナカードは『知る人ぞ知る』カードに位置付けされるわけですね。

なお、プラチナカードの申し込みについてですが、直接申し込めるプラチナカードはそう多くはありません。

原則として、一般カードやゴールドカードからスタートし、コツコツと利用実績を積み重ねていった結果、プラチナカードへのインビテーションを受けるのが王道ルートであることを覚えておきましょう。

ステータスが高いと感じる国際ブランドはAMEX・ダイナースクラブが圧倒!

すでにご存知の方も多いかと思いますが、特にステータスの高さを感じさせる2大国際ブランドは以下の通りです。

  • AMEX
  • ダイナースクラブ

ここからは、ステータスが高いと感じるこれらの国際ブランドに加え、VISAやMasterCard、JCBについても解説を加えていきたいと思います。

どんなクレジットカードを選ぶかも重要ですが、どの国際ブランドを選択するかもまた、軽視することができないポイントですよ。

ゴールドカードやプラチナカードを初めてもたらしたのはAMEX

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

言わずと知れたAMEXですが、実はこの国際ブランド、日本に初めてゴールドカードやプラチナカードをもたらしたという歴史を持っています。

始まりは第一次世界大戦中の1917年。

アメリカ人旅行者に対するサービス及びサポートの拠点として、AMEXの日本事務所が横浜港に開設されました。

その後、1941年に第二次世界大戦における日米開戦を受けて一時的に撤退したものの、戦後の1954年には、改めて日本支社が設立されています。

ゴールドカードやプラチナカードがリリースされたのはそれから数十年後のこと。以下、主なクレジットカードの発行年度をみてみましょう。

  • 1980年、日本市場としては初のゴールドカードを発行
  • 1983年、アメリカン・エキスプレス・グリーン(アメックス・グリーン)を発行
  • 1993年、プラチナカードを発行
  • 2003年、センチュリオンカードを発行

振り返ってみると、AMEXには100年以上もの歴史があるのですね。

» AMEXゴールド公式で特典をチェックする

ダイナースクラブカードは知る人ぞ知るステータスカード

ダイナースカード

AMEXと肩を並べ、やはりステータスカードとしてトップに君臨しているのがダイナースクラブカードです。知名度という点だけでみるとAMEXには及ばないものの、ダイナースクラブカードは知る人ぞ知る格式高い1枚と言えます。

ところでダイナースクラブカードの券面だけを見ると、ゴールドのデザインが施されていません。

しかし、ステータス性は間違いなくゴールド以上であり、クレジットカードに精通している方であれば、脳内でダイナース保有者=ホンモノという方程式を組み立ててくれるでしょう。

実際に、ダイナースクラブカードに関する口コミに、以下のようなものがあります。

以上を踏まえると、とにかくステータスを重視したいという方であれば、ダイナースクラブカードを選択して間違いないと言えるでしょう。

» ダイナース公式サイトを見る

VISAやMasterCardは決済カードという認識が多い

さて、ここで気になってくるのは、AMEXやダイナースクラブカードを除く、以下のような国際ブランドのイメージです。

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB

まず、VISAやMasterCardは決済カードという認識が強いです。

それもそのはず。これらの国際ブランドはトップクラスのシェアを誇っており、世界中のありとあらゆる場面で決済ができます。

したがって、VISAもしくはMasterCardを1枚備えておけば、決済できなくて困るということはまずないでしょう。

一方、JCBは日本発の唯一の国際ブランドです。

決済力こそVISAやMasterCardには劣りますが、JCBはディズニーのオフィシャルスポンサーであることが大きなアドバンテージ。以下のような特典があることを忘れてはいけません。

  • ポイントをディズニーリゾートのチケットや、キャラクターグッズなどと交換できる
  • JCB会員限定の完全貸切キャンペーンに参加できる

以上を踏まえた上で、各国際ブランドに目を向ければ、選択の仕方も変わってくるのではないでしょうか。

最高峰のラグジュアリーカードも登場!

ラグジュアリーカード(チタン)

VISAやMasterCardは決済用カードということをお伝えしましたが、最近では『ラグジュアリーカード』という金属製のステータスあるクレジットカードが登場しました。

  • ラグジュアリーカード(チタン)⇒ゴールドランク扱い
  • ラグジュアリーカード(ブラック)⇒プラチナカード扱い
  • ラグジュアリーカード(ゴールド)⇒ブラックカード扱い

ラグジュアリーカードは他のMasterCardも含め、ステータス性は群を抜いているので、周囲にも自慢できるほどのクレジットカードです。

通常、カードの色でゴールドカードなのか、ブラックカードなのかを判断するものですが、ラグジュアリーカードは若干ややこしく、ゴールドが一番格が高いものとなっています。

断トツのステータスカードが欲しい方はラグジュアリーカードを選択すれば間違いないでしょう。

まだ世間的にラグジュアリーカードを持っている方は多くない為、金属製のカードを持っているだけで周囲の興味を惹かせることができますよ。

» ラグジュアリーカード公式で特典を見る

格付けが高いおすすめステータスのあるクレジットカード|プラチナカード編

いよいよここからは、具体的におすすめのクレジットカードを紹介していきたいと思います。紹介するのは、ステータスを感じることができ、かつ直接申し込みが可能なプラチナカードたちです。

年会費とかは気にしない!

ステータスを重視したい!

プラチナカードを発行している数自体、そこまで多くはありませんが、その中から圧倒的なステータスを感じられるおすすめのプラチナカードを紹介していきましょう。

  • ラグジュアリーカード(ブラック)
  • MUFGカード・プラチナアメリカン・エキスプレス・カード
  • アメリカン・エキスプレス・プラチナカード
  • 三井住友VISAプラチナカード
  • JCBプラチナカード
  • セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・ビジネスカード

ゴールドカードのランクでは少々物足りない。」という方はぜひ、以下の内容に目を通してみてくださいね。

参考圧倒的ステータス感!おすすめなプラチナカードはこちら

圧倒的なステータス感!ラグジュアリーカード(ブラック)

ラグジュアリーカードブラック

還元率 国内:1.25%~
年会費 100,000円(税抜)
国際ブランド MasterCard
ETCカード 無料
家族カード 25,000円(税抜)

ラグジュアリーカード(ブラック)の申し込み基準は以下の通りです。

  • 対象年齢:満20歳以上
  • 目安年収:700万円以上

ラグジュアリーカードはプラスチック製のカードではなく、特許取得済みの金属製となっています。会計時にカードを提示するだけで金属音が鳴ることもあるため、それだけでステータスの高さが漂います。

カードデザインでステータス性が伝わるものは珍しくないですが、音で相手を魅了することができるカードは非常に希少価値が高いですね。

各種ステータスカードの中でも、一際輝きを放つワンランク上のカードを求めたいという方は、ラグジュアリーカード(ブラック)に目を向けると良いでしょう。

ラグジュアリーリムジンで至高の時間を堪能できる!

ラグジュアリーカードならリムジンの送迎サービスがある

大切な人との時間に

3種類あるラグジュアリーカードの中で真ん中に位置するブラックは、下位カードであるラグジュアリーカード(チタン)では得られないメリットがこちら。

ラグジュアリーカード(ブラック)を保有していれば、日本を代表する名店や隠れ家的レストランと指定の場所をリムジンで送迎してもらうことができます。

これはアメックスの最高峰であるアメックス・センチュリオン(年会費500,000円)でも得ることができない希少価値の高い特典です。

なお、本特典の対象となっているエリアは以下の通りです。

  • 東京23区
  • 京都
  • 大阪
  • 兵庫
  • 滋賀
  • 奈良

大切な友人や恋人、家族などを高級レストランに招待する際にラグジュアリーリムジンを活用すれば、「あなたは一体何者?」と絶句されることは間違いないでしょう。

ラグジュアリーカード(ブラック)がおすすめな人

  • ラグジュアリーリムジンのサービスを利用したい人
  • ラグジュアリーホテルでのテイスティングイベントやアップグレード制度に魅力を感じる人
  • 航空会社、ホテルの上級資格である『Pualani Gold』を獲得したい人

» 公式サイトで特典を見る

年会費2万で上質なデザインとステータス!MUFGカード・プラチナアメックス

MUFGカード・プラチナアメリカン・エキスプレス・カード

還元率 国内:0.5%~
海外:1%~
年会費 20,000円(税抜)
国際ブランド AMEX
ETCカード 無料
家族カード 3,000円(税抜)
※1枚目は無料

MUFGカード・プラチナアメリカン・エキスプレス・カードの申し込み基準は以下の通りです。

  • 対象年齢:満20歳以上
  • 目安年収:300万円以上

MUFGカード・プラチナアメリカン・エキスプレス・カードは三菱UFJニコスが発行しているプラチナカードです。

三菱UFJと聞くだけでも安心感がありますが、その上アメックスのプラチナカードとなれば、もはやステータス性に不足はありませんね。

しかも、年会費がプラチナカードの中では低い部類に入るので、「ステータス性のあるプラチナカードがほしいけど、年会費は抑えたい。」という方には特におすすめです。

本人、家族分のプライオリティ・パスが無料

プライオリティパス

家族も含めてプライオリティパスが無料で使える

世界中の空港ラウンジが利用可能なプライオリティ・パスが無料となるクレジットカードは数多くありますが、本人だけではなく、家族分のプライオリティ・パスも無料で作成できるクレジットカードとなると一気に希少価値が上がります。

自分だけではなく、家族と一緒にプライオリティ・パスを持ちたい!

このように考えている方にとって間違いないのがMUFGカード・プラチナアメリカン・エキスプレス・カードです。

MUFGカード・プラチナアメリカン・エキスプレス・カードの家族カードは1枚目に関しては無料なので、本会員の年会費だけでプライオリティ・パスを2枚を作成できてしまいます。

休みさえあればすぐにでも飛び立ちたいという無類の旅行好きの方はぜひ、MUFGカード・プラチナアメリカン・エキスプレス・カードに目を向けてみてくださいね。

MUFGカード・プラチナアメリカン・エキスプレス・カードがおすすめな人

  • 家族と一緒にプライオリティ・パスを持ちたい人
  • 高級レストランにおけるコース料理1名分無料の特典を享受したい人
  • スーペリア・エキスペリエンスでエアライン、ダイニング、ホテル周りの優待を受けたい人

» 公式サイトで特典をチェックする

本物のステータスであるアメリカン・エキスプレス・プラチナカード

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード

還元率 1%~
年会費 130,000円(税抜)
国際ブランド AMEX
ETCカード 無料
新規発行手数料:850円(税抜)
家族カード 無料

アメリカン・エキスプレス・プラチナカード(以下アメックス・プラチナ)の取得基準は以下の通りです。

  • 対象年齢:満20歳以上
  • 目安年収:1,000万円以上

あのアメックス・プラチナは今まで招待制(インビテーション)のクレジットカードでしたが、2019年4月から申込みも可能になりました。

アメリカン・エキスプレス・プラチナカードは20代の方でも所有することは不可能ではありませんが、発行する上で重要なポイントとなるのは、毎月の年会費を無理なく支払うことができる返済能力があるかどうかです。

このアメックス・プラチナですが、プラスチック製ではなく、金属製で作られているため、一目でオーラやステータス性を感じることができますし、会計時にカードを提示した時の金属音でも、周囲の注目を一気に集めることができるでしょう。

そんなアメックス・プラチナで得られる至高のメリットは以下の通りです。

  • フリー・ステイ・ギフトで毎年一流ホテルに宿泊できる
  • プラチナ・コンシェルジュ・サービスを24時間365日利用できる
  • 名だたる世界の有名ホテルの上級会員の資格を取得できる
  • プライオリティ・パスのプレステージ会員が無料
  • プラチナ・アクセスで秘蔵の料亭に行ける
  • 高級レストランのコース料理が1名分無料
  • SBIウェルネスサポートで医者や看護師の無料カウンセリングを受けられる
  • ファイン・ホテル・アンド・リゾートで世界900ヶ所以上のホテルを優待価格で利用できる
  • 航空機遅延保険を含む国内外の旅行傷害保険が充実
  • ありとあらゆるプロテクションが付帯
  • ウェルカムギフトに加え、毎年の誕生日に上質なプレゼントが届く

アメックス・プラチナがおすすめな人

  • 最高峰のステータスを得たい人
  • チタン製のカードを持ちたい人
  • ホテル宿泊等のベネフィットを得たい人
  • コンシェルジュサービスを利用したい人

 

信頼の三井住友ブランド!三井住友VISAプラチナカード

三井住友VISAプラチナカード

還元率 0.5%~
年会費 50,000円(税抜)
国際ブランド VISA/MasterCard
ETCカード 無料
家族カード 無料

三井住友VISAプラチナカードの申し込み基準は以下の通りです。

  • 対象年齢:満30歳以上
  • 目安年収:300万円以上

三井住友VISAプラチナカードの『パルテノン神殿×PLATINUM』のカードデザインをみて、ステータス性を感じない人はまずいないでしょう。

先ほどもお伝えした通り、三井住友VISAカードはセキュリティにおいて圧倒的な評価を獲得しているため、ステータスの高さはさることながら、信頼度も申し分ありません。

メンバーズセレクションで好きなプレゼントがもらえる

三井住友VISAプラチナカードを持っていて何が楽しみかと言えば、メンバーズセレクションで好きなプレゼントを毎年もらえるということです。

どんなプレゼントがあるんですか?」という声が飛んできそうですね。

2019年のメンバーズセレクションにおいては、以下のようなプレゼントが用意されています。

  • 名医によるセカンドオピニオンサービス
  • 海外空港ラウンジサービス
  • ソメスサドル オリジナルシューホーンキーホルダー
  • クニルプス 折りたたみ傘
  • セラミカ 四方皿セット
  • SWAROVSKI ワイングラス ペアセット
  • HIPPOPOTAMUS×PLATINUM SET
  • 新潟県産米 雪蔵仕込み氷温熟成® 三種詰め合わせセット
  • 近江牛 しゃぶしゃぶ用
  • 松阪牛 すき焼用
  • 佐藤水産 北海道天然鮭いくら詰合せ
  • 田崎真也セレクト ボルドーワインセット(赤・白)
  • 帝国ホテル ビーフカレー英国風& ハッシュドビーフ

これだけバラエティに富んだプレゼントが用意されていれば、三井住友VISAプラチナカードを手放すのが惜しくなってしまいますね。

自分用としてプレゼントをもらうのはもちろんですが、大切な人へ贈るギフトとして享受するのもおすすめですよ。

三井住友VISAプラチナカードがおすすめな人

  • メンバーズセレクションに魅力を感じる人
  • 圧倒的なセキュリティと最高級の付帯保険で安心感を享受したい人
  • 24時間365日のコンシェルジュサービスを利用したい人

» 公式サイトで詳しく見る

JCBプロパーのプラチナ!JCBプラチナカード

JCBプラチナ

還元率 0.5%~
年会費 25,000円(税抜)
国際ブランド JCB
ETCカード 無料
家族カード 3,000円(税抜)
※1枚目は無料

JCBプラチナカードの申し込み基準は以下の通りです。

  • 対象年齢:満25歳以上
  • 目安年収:300万円以上

JCBプラチナカードはJCBのプロパーカードの中で、自己申し込みができる最高ランクのクレジットカードです。

JCBのプロパーというだけで信頼感とステータス性を感じることができますが、JCBプロパーのプラチナカードとなれば、カードスペック、ステータス、デザインとありとあらゆる面でもはや文句のつけようもありません。

USJのJCB LOUNGEを利用できる

USJを普段使いしている方や、兼ねてからUSJが気になっていた方におすすめしたいのが本特典です。

JCBプラチナカードのユーザーは、事前に予約を入れておくことで、USJ内の専用ラウンジであるJCB LOUNGEへの招待券をもらうことができます。

たとえば、USJのジュラシック・パークのアトラクション『ザ・フライング・ダイナソー』の施設内に設置されているJCB LOUNGEでは、以下のサービスを享受できます。

  • アトラクションの優先搭乗
  • ドリンクサービス
  • 休憩
  • 雑誌閲覧

本来は長時間待つ必要がある人気アトラクションの待ち時間を短縮できるのは嬉しいですね。ちなみに招待券1枚で4名まで専用ラウンジを利用することができるため、家族や友人などと一緒に楽しむこともできますよ。

JCBプラチナカードがおすすめな人

  • JCB LOUNGEを利用してみたい人
  • 飲食代金が30%オフになるダイニング30に魅力を感じる人
  • 日本各地の厳選されたホテルと旅館を利用できるJCBプレミアムステイプランを活用したい人

» 公式サイトでキャンペーンを見る

抜群のコスパ!セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・ビジネスカード

セゾンプラチナビジネスアメックス

還元率 国内:0.75%~
海外:1%
年会費 20,000円(税抜)
※年間200万円以上利用で翌年は1万円(税抜)
国際ブランド AMEX
ETCカード 無料
家族カード 3,000円(税抜)
個人でも持てる!

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・ビジネスカードの申し込み基準は以下の通りです。

  • 対象年齢:満20歳以上
  • 目安年収:300万円以上

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・ビジネスカードはカード名にビジネスという名称が盛り込まれていますが、個人に対して与信されるため、一般会社員でも申し込みが可能です。

もちろん、アメックスブランドのプラチナカードですから、ステータス性に関しても不足はありません。

entrée(オントレ)で優待三昧

entrée(オントレ)

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・ビジネスカードのユーザーは、『entrée(オントレ)』はエアライン・ホテル・グルメ関連などでワンランク上の優待を享受できるサービスです。

たとえばホテル関連で例をあげると、世界1,200ヶ所以上のホテルで以下のような優待があります。

  • ベストアベイラブルレート宿泊料金が適用
  • ルームアップグレード
  • 朝食無料
  • レイトチェックアウト

また、グルメ周りでは、以下のようなサービスを受けることが可能です。

  • テーブルご挨拶
  • 料金優待
  • 会員特別コースメニュー
  • ウェルカムドリンクサービス
  • テーブル確保

普段から旅行に行く機会が多い方であれば、ありとあらゆる場面で快適かつゴージャスなひとときを過ごすことができますね。

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・ビジネスカードがおすすめな人

  • 年間200万円以上利用する人
  • entrée(オントレ)の各種優待に魅力を感じる人
  • 航空機遅延保険を含む、充実した旅行傷害保険を享受したい人
  • ビジネス・アドバンテージで事務用品・レンタカー・宅配サービスなどの優待を活用したい人

» 公式サイトで特典をチェックする

格付けが高いおすすめのステータスあるクレジットカード|ゴールドカード編

プラチナカードに続いて、次は比較的持ちやすく、ステータスも感じてもらいやすいカードの紹介をしていきましょう。

  • アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード
  • ラグジュアリーカード(チタン)
  • ダイナースクラブカード
  • 三井住友VISAゴールドカード
  • セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレスカード
  • JCBゴールドカード

以下、年会費やカードスペックはもちろん、どういった点でステータスを感じられるかという点にも注目しながら各カードの詳細をご覧ください。

参考抜群の存在感!おすすめなゴールドカードはこちら

圧倒的な存在感!アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

還元率 1%~
年会費 29,000円(税抜)
国際ブランド AMEX
ETCカード 新規発行手数料:850円(税抜)
年会費:無料
家族カード 1人目:無料
2人目:12,000円(税抜)

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードの申し込み基準は以下の通りです。

  • 対象年齢:満20歳以上
  • 目安年収:300万円以上

アメックスのゴールドカードと聞いて、そのステータスの高さを感じられない人はいないでしょう。カードスペック、券面のデザイン、ネームバリューとどこからどう見ても、掛け値なしに素晴らしい1枚と言えますね。

高級レストランのコース料理が1名分無料

ゴールド・ダイニング by 招待日和

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードの目玉特典としては、ゴールドダイニング by 招待日和の特典によって、高級レストランのコース料理を1名分無料で利用できることです。

  • 所定のコース料理を2名分予約すると1名分が無料
  • 国内外200以上の高級レストランが対象
  • 本来、招待日和を利用するには年会費として30,000円(税抜)のランニングコストが必要

招待日和で選べるコース料理は決められていますが、利用金額の上限はありません。たとえば、3万円のコースを2名で利用しても、実際に支払う金額は3万円でOKです。

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードの年会費は29,000円(税抜)であるにもかかわらず、本特典だけで年会費以上の節約効果を生み出すことができる点にはただただ驚愕するばかりですね。

ちなみに、1つのレストランに対しては、以下の期間で1度ずつ利用できる仕様となっています。

  • A期間
    →4月1日から9月30日までで1回
  • B期間
    →10月1日から翌年3月31日までで1回

大切な人にサプライズをしたい方はぜひ、アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードの力を借りてみてくださいね。

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードがおすすめな人

  • 知名度抜群なステータスカードが欲しい人
  • 充実した各種プロテクションに魅力を感じる人
  • 高級レストランにおけるコース料理1名分無料の特典を享受したい人
  • アメックス・プラチナカードへのインビテーションを受けたい人

» 公式サイトでキャンペーンをチェックする

他の人と差別化できるラグジュアリーカード(チタン)

ラグジュアリーカード(チタン)

還元率 国内:1%~
海外:1%
年会費 50,000円(税抜)
国際ブランド MasterCard
ETCカード 無料
家族カード 15,000円(税抜)

ラグジュアリーカード(チタン)の申し込み基準は以下の通りです。

  • 対象年齢:満20歳以上
  • 目安年収:500万円以上

ラグジュアリーカード(チタン)は一般的なプラスチック製ではなく、特許取得済みの金属製で作られています。

これだけでも圧倒的なオーラが自然ともれてしまい、会計時にスマートにステータス性をアピールすることができるでしょう。

もちろん、カードの見た目から伝わってくる高級感だけでなく、カードスペックも十分にステータスの高さを感じられる内容となっていますよ。

24時間365日のコンシェルジュサービスが秀逸

一流ホテルのザ・リッツ・カールトンにいくと、こんなセリフをよく耳にします。

○○様、何かお手伝いできることはありますでしょうか。

これと同じ感覚を24時間365日いつでも味わうことができるのが、ラグジュアリーカード(チタン)に付帯しているコンシェルジュサービスです。

  • 旅行の手配
  • レストランの検索・予約
  • 商品検索購入サポート
  • ワインの検索・提案
  • プレゼントの提案手配
  • チケット手配
  • ゴルフ予約
  • プライベートショッピングのアレンジ

ご覧のように、ありとあらゆる面においてサポートを受けることができます。

さらに具体的な例をあげると、コンシェルジュの力を借りて、以下のようなプレミアム体験をすることも可能です。

  • 5つ星ホテルに宿泊しながらアメリカンフットボールSuper BowlをVIPスイートで観戦する
  • ニューヨークブロードウェイの“ハリーポッターと呪い子”をプレミアムシートで鑑賞後、キャストメンバーとプライベートディナー
  • フランスで心ゆくまで料理を堪能する7日間のフランス料理ツアー

まるで専属の秘書を雇っているような気分になれそうですね。

ラグジュアリーカード(チタン)を作成するのであれば、コンシェルジュサービスを存分に活用しないと損ですよ。

ラグジュアリーカード(チタン)がおすすめな人

  • ステータスの高さで他の人と差を付けたい人
  • 24時間365日のコンシェルジュサービスに魅力を感じる人
  • 高級レストランにおけるコース料理1名分無料の特典を享受したい人
  • 世界3,000ヶ所以上の高級ホテルで優待を受けたい人

» 公式サイトで特典をチェックする

知る人ぞ知るステータスのダイナースクラブカード

ダイナースカード

還元率 1%~
年会費 22,000円(税抜)
国際ブランド Diners Club
ETCカード 無料
家族カード 5,000円(税抜)

ダイナースクラブカードの申し込み基準は以下の通りです。

  • 対象年齢:満27歳以上
  • 目安年収:500万円以上

ダイナースクラブカードは前述のアメリカン・エキスプレス・ゴールドカードと対比されやすいクレジットカードです。

両者の優劣はつけ難いですが、ごひいき予約やサインレススタイルなどの特典によって、この上なくスマートにステータス性の高さをアピールできるのがダイナースクラブカードのアドバンテージと言えるでしょう。

他の追随を許さないグルメ周りの至高のメリット

ダイナースクラブカードを作成すれば、他のクレジットカードではなかなか得ることができない至高のメリットの数々を享受できます。

グルメ関連で例を挙げると、以下のような幅広い特典があります。

メリット 優待内容
ダイナースクラブ
ごひいき予約
予約の取りづらい名店で生じたキャンセル席をダイナースクラブが買い取り、カード会員へ即時公開するサービス
エグゼクティブ
ダイニング
対象レストランの所定のコース料理において以下の優待
・2名以上の予約で1名分が無料
・6名以上の予約で2名分が無料
おもてなしプラン 対象店舗において、シェフやオーナーが心をこめて用意するその店ならではのおもてなしを享受できる
料亭プラン 通常では予約が困難な高級料亭を、ダイナースクラブがカード会員に代わって予約するサービス
サインレス
スタイル
クレジットカードの提示やサインなしで、その場にいなくても支払いを済ませることができるサービス
デュカス・パリとのパートナーシップ フランス料理界の天才と称され、今なおその地位に君臨し続けるアラン・デュカス氏との提携により、カード会員限定の優待サービスやイベントを堪能できる特典
ナイトイン銀座 大人を象徴する街、銀座のオーセンティックバーや高級クラブをお得に利用できるサービス

グルメ通を唸らせる名店を当日に予約できてしまうごひいき予約や、本人がその場にいないにもかかわらず、いつの間にか支払いが完了しているという演出が可能なサインレス・スタイルはまさに、ダイナースクラブカードならではの魅力と言えますね。

ダイナースクラブカードを作成するだけで、ありとあらゆる場面でサプライズができてしまいますよ。

ダイナースクラブカードがおすすめな人

  • 本物のステータスを感じたい人
  • 予約の取りづらい名店を当日予約できるサービスを享受したい人
  • 本人がその場にいなくても支払いができるサービスに魅力を感じる人
  • ダイナースクラブが世界的に設定している会員専用の空港ラウンジを利用したい人

» 公式サイトで詳しく見る

知名度と信頼感のある三井住友VISAゴールドカード

三井住友VISAゴールドカード

還元率 0.5%~
年会費 初年度:無料
2年目以降:10,000円(税抜)
国際ブランド VISA/MasterCard
ETCカード 500円(税抜)
※年に1度でもカード利用があれば無料
家族カード 初年度:無料(1枚目のみ)
2枚目以降/2年目以降:1,000円(税抜)
※前年に3回以上カード利用があれば無料(1枚目のみの特典)

三井住友VISAゴールドカードの申し込み基準は以下の通りです。

  • 対象年齢:満30歳以上
  • 目安年収:300万円以上

三井住友VISAゴールドカードをプロデュースする三井住友VISAカードは、アジア圏で唯一、VISAインターナショナルよりそのセキュリティの高さにおいて表彰を受けています。

これに加え、三井住友VISAカードは由緒正しき銀行系のクレジットカードであり、ステータスの高さについては文句のつけようがありません。

券面にあしらわれているパルテノン神殿のデザインは、見た者にゴージャスかつ洗練されたイメージを与えてくれることでしょう。

各コンビニやマクドナルドでポイント5倍

各コンビニやマクドナルドはポイント5倍

いつでも5倍の還元率

三井住友VISAゴールドカードの基本還元率は0.5%ですが、以下の店舗での利用においては、なんと5倍の2.5%を享受することができます。

  • セブンイレブン
  • ファミリーマート
  • ローソン
  • マクドナルド

ランチはいつもコンビニで調達します。

コンビニには毎日通ってます。

以上のような方にとって、この5倍特典は非常にありがたいメリットと言えますね。

なお、本特典はクレジット決済はもちろんのこと、iDやApple Payでの支払い、家族カードの利用でも適用されますよ。

三井住友VISAゴールドカードがおすすめな人

  • 抜群のセキュリティで安心感を得たい人
  • 各コンビニやマクドナルドにおける5倍還元に魅力を感じる人
  • 三井住友VISAプラチナカードへのインビテーションを受けたい人

» 公式サイトで詳しく見る

コスパ抜群!セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレスカード

セゾンゴールドアメックス

還元率 国内:0.75%~
海外:1%
年会費 初年度:無料
2年目以降:10,000円(税抜)
国際ブランド AMEX
ETCカード 無料
家族カード 1,000円(税抜)

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレスカードの申し込み基準は以下の通りです。

  • 対象年齢:満20歳以上
  • 目安年収:300万円以上

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレスカードは提携カードのアメックスに該当するため、年会費を抑えつつも、アメックスのゴールドカードを所有したいという方にぴったりでしょう。

カードの券面にセゾンのロゴがある点が気になる方もいるかもしれませんが、パッと見はアメックスブランドのゴールドカードですし、クレジットカードに深く精通していない方も多いため、ステータスを示すカードとして十分に機能してくれますよ。

世界中の空港ラウンジが利用できる

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレスカードを保有していると以下の通り、世界中の空港ラウンジが利用できるプライオリティ・パスをお得に入手することができます。

本来であれば399米ドルが必要となるプレステージ会員に10,000円(税抜)で加入できる

399米ドルは日本円に換算しておおよそ43,000円程度となるため、本特典だけで30,000円以上のお得感がありますね。

なお、通常の空港ラウンジ特典と比較して、プライオリティ・パスは以下のようなアドバンテージがあります。

  • 世界130ヵ国、1,200ヶ所以上の空港ラウンジを利用可能
  • 航空会社運営のVIPラウンジ(シャワー室完備など)を含めて利用可能
  • 手荷物検査後のVIPラウンジも含めて利用可能
  • レストランやスパに関する特典も享受できる

レストラン関連の特典で例を挙げると、関西国際空港の『ぼてじゅう』では、プライオリティ・パスの提示で3,400円のディスカウントを受けることが可能となります。

空港ラウンジ内で快適な時間を過ごせるだけでなく、グルメ周りでも節約効果を高めることができるのは嬉しいですね。

参考プライオリティパスを付帯できるおすすめクレジットカードはこちら

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレスカードがおすすめな人

  • アメリカン・エキスプレス・コネクトの特典を利用したい人
  • 西友、リヴィン、サニーで5%オフを享受したい人
  • セゾンプラチナアメックスへのインビテーションを受けたい人

» 公式サイトで特典をチェックする

JCBプロパーであるJCBゴールドカード

JCBゴールド

還元率 0.5%~
年会費 初年度:無料
2年目以降:10,000円(税抜)
国際ブランド JCB
ETCカード 無料
家族カード 1,000円(税抜)
※1枚目は無料
※本会員の年会費が無料なら、家族会員も無料

JCBゴールドカードの申し込み基準は以下の通りです。

  • 対象年齢:満20歳以上
  • 目安年収:300万円以上

クレジットカードにそこまで詳しくない方でも、その存在には敬意を払ってしまうのがJCBゴールドカードです。

JCBのプロパーカードというだけで圧倒的な安心感と信頼感を感じることができますが、そのゴールドカードとなればもはや、ステータスの高さは語るまでもありません。

場合によっては、JCBゴールドカードを会計時に提示するだけで、周囲の表情を一変させることもできるでしょう。

また、JCBゴールドカードはディズニーデザインを選択できる貴重な1枚です。

ステータスの高さとディズニーデザインからうかがえる愛くるしさを両取りできるカードは、他ではなかなかお目にかかることはできませんよ。

国内外の旅行傷害保険が自動付帯

JCBゴールドカードのユーザーは以下の通り、国内外における充実した旅行傷害保険を自動付帯で享受することができます。

海外旅行保険(一部自動付帯)
補償項目 本会員 本会員の家族
傷害死亡・後遺障害 1億円
(内利用付帯5,000万円)
1,000万円
傷害治療費用 300万円 200万円
疾病治療費用 300万円 200万円
賠償責任 1億円 2,000万円
携行品損害
(免責3,000円)
100万円 100万円
救援者費用 400万円 200万円
国内旅行保険(自動付帯)
補償項目 本会員
傷害死亡・後遺障害 5,000万円
入院費用 5,000円/日
手術費用 5万円/10万円/20万円
通院費用 2,000円/日

カードを所有しているだけで、安心の保険内容が付帯となるのは嬉しいですね。

海外旅行傷害保険については、本会員だけでなく、本会員の家族にまで補償が用意されているのがポイントです。

JCBゴールドカードがあれば、家族旅行をより安心して楽しむことができるでしょう。

JCBゴールドカードがおすすめな人

  • ディズニーデザインのゴールドカードを作成したい人
  • 最短即日発行&翌日受け取りでカードを作成したい人
  • JCB THE CLASSへのインビテーションを受けたい人

» 公式サイトでキャンペーンを見る

招待制のおすすめステータスカード

ここまでは自ら申し込みが可能なクレジットカードを紹介してきましたが、ここから登場するのはいずれも、申し込みができないプラチナカードです。

  • ラグジュアリーカード(ゴールド)
  • JCB THE CLASS
  • ダイナースクラブ・プレミアムカード

申し込みができないと聞くだけで、価値を感じずにはいられませんね。早速、それぞれのプラチナカードについて解説を加えていきますよ。

ラグジュアリーカード(ゴールド)

ラグジュアリーカード(ゴールド)

還元率 国内:0.5%
海外:1%
年会費 200,000円(税抜)
国際ブランド MasterCard
ETCカード 無料
家族カード 50,000円(税抜)

ラグジュアリーカード(ゴールド)の取得基準は以下の通りです。

  • 対象年齢:満20歳以上
  • 目安年収:1,000万円以上

各種ラグジュアリーカードの中でも、最高峰に位置するのがラグジュアリーカード(ゴールド)です。

ステータスの高さについてはもはや言及する必要はなく、特許取得済みの金属製カードや重量感、カードを提示した時の金属音が荘厳さを物語ってくれます。

200,000円(税抜)という年会費を目の当たりにして絶句してしまうかもしれませんが、どれだけ低く見積もっても1,000万円以上の年収がなければ、そもそも維持することすら難しいクレジットカードです。

インビテーションを受ける為に保持しなければならないカードはもちろん、ラグジュアリーカード(チタン)やラグジュアリーカード(ブラック)です。

これらのクレジットカードをコツコツと活用し、愚直に実績を積み上げていけば、いずれラグジュアリーカードの頂点への招待を受けることになるでしょう。

そんなラグジュアリーカード(ゴールド)で得られる至高のメリットは以下の通りです。

  • 純金で作られているカードから溢れる圧倒的なステータス性
  • メール依頼も可能な24時間365日対応のコンシェルジュを利用できる
  • 航空会社・ホテルの上級資格であるPualani Platinumを取得できる
  • 新生銀行のプラチナ会員の資格を取得できる
  • 本会員・家族会員のプライオリティ・パスのプレステージ会員が無料
  • 高級レストランのコース料理が1名分無料
  • 国際線の出発・往復時の往復で手荷物を最高3個まで無料で宅配可能
  • 国立美術館の企画展・常設展が同伴者1名までを含めて無料
  • ラグジュアリーリムジンで送迎を依頼できる
  • 名医紹介サービスを利用できる
  • 家事代行サービスを利用できる
  • TOHOシネマズの映画が月3回無料
  • 航空機遅延保険を含む国内外の旅行傷害保険が充実
  • 上質なウェルカムギフトに加え、サプライズでプレゼントが届くこともある

JCB THE CLASS

JCB THE CLASS

還元率 0.5%
年会費 50,000円(税抜)
国際ブランド JCB
ETCカード 無料
家族カード 無料

JCB THE CLASSの取得基準は以下の通りです。

  • 対象年齢:満25歳以上
  • 目安年収:500万円以上

JCB THE CLASSはJCBプロパーの頂点に君臨するクレジットカードです。

JCB THE CLASSのカードデザインで特徴的なのは、カード右下のJCBロゴがゴールドの箔押し印刷であること。角度によってキラキラの具合が変化して表情が変わる点が、セクシーかつラグジュアリーです。

JCB THE CLASSのインビテーションを受ける為には、JCBプラチナカードを継続的かつ長期的に愛用し、コツコツと信用を積み重ねていくことがポイントとなるでしょう。

目安となる年収ですが、年会費である50,000円を無理なく支払い続けることを想定すれば、最低でも500万円のボーダーラインはクリアしておきたいですね。

そんなJCB THE CLASSで得られる至高のメリットは以下の通りです。

  • 24時間365日対応のコンシェルジュを利用できる
  • メンバーズセレクションで豪華プレゼントがもらえる
  • ディズニーの特別ラウンジが利用できる
  • USJのJCB LOUNGEが利用できる
  • プライオリティ・パスのプレステージ会員が無料
  • 高級レストランのコース料理が1名分無料
  • ダイニング30で飲食代金が30%オフ
  • 国内の厳選されたホテルや旅館を優待価格で利用できる
  • 航空機遅延保険を含む国内外の旅行傷害保険が充実
  • 24時間365日、健康や介護、育児に関する相談ができる

ダイナースクラブ・プレミアムカード

ダイナースクラブプレミアムカード

還元率 2%
年会費 130,000円(税抜)
国際ブランド Diners Club
ETCカード 無料
家族カード 無料

ダイナースクラブ・プレミアムカードの取得基準は以下の通りです。

  • 対象年齢:満27歳以上
  • 目安年収:1,000万円以上

知る人ぞ知るステータスカードであるDiners Clubの最高峰に位置するのがダイナースクラブ・プレミアムカードです。

発行元の三井トラストクラブが三井住友信託銀行グループに当たることを考えれば、信頼感とステータス性が抜群なのも頷けますね。

130,000円という高額な年会費を継続的に支払うことを考慮に入れるとやはり、最低でも1,000万円の年収は欲しいところです。

ダイナースクラブカードでコツコツと実績を積み重ねていけば、ダイナースクラブ・プレミアムカードの扉の前に立つことができますよ。

そんなダイナースクラブ・プレミアムカードで得られる至高のメリットは以下の通りです。

  • マイル付与率2%でザクザク貯まる
  • 24時間365日対応のコンシェルジュを利用できる
  • 高級レストランのコース料理が1名分(グループコースなら2名分)無料
  • 一見さんお断りの料亭で限定優待を享受できる
  • クラブクレインの乗馬コースが年4回無料
  • 銀座のプレミアムラウンジを利用できる
  • ブランド店でVIPルームのおもてなしやプレゼントを享受できる
  • 毎年の誕生日に上質なプレゼントが届く
  • プライオリティ・パスのプレステージ会員が無料
  • 航空機遅延保険を含む国内外の旅行傷害保険が充実
  • 24時間365日、医療相談や法律、税務に関する相談ができる
  • シルバーシー・エクスペディションズでゴージャスなクルーズを体験できる
  • 最高級車を扱うプレミアムレンタカーで優待
  • 超レアなセレブのイベントやパーティに招聘される

入手困難!世界最高峰のステータスカード

え、さらに上のランクのクレジットカードがあるんですか?」と思われる方もいるかもしれませんね。

ここで紹介するのは、入手するのが本当に難しい招待制のステータスカードです。

  • アメリカン・エキスプレス・センチュリオンカード

そう。アメックスの真の骨頂であり、幻のカードとも言われているアメリカン・エキスプレス・センチュリオンカードです。

以下、アメリカン・エキスプレス・センチュリオンカードの基本情報や入手方法、目玉となる特典について解説を進めていきますよ。

アメリカン・エキスプレス・センチュリオンカード

アメリカン・エキスプレス・センチュリオンカード

還元率 1%~
年会費 350,000円(税抜)
入会金:500,000円(税抜)
国際ブランド AMEX
ETCカード 無料
家族カード 無料

アメリカン・エキスプレス・センチュリオンカードの取得基準は以下の通りです。

  • 対象年齢:満20歳以上
  • 目安年収:2,000万円以上

アメリカン・エキスプレス・センチュリオンカードは世界最高峰に位置するクレジットカードです。このステータス性は他のクレジットカードを寄せ付けません。

最上級のクレジットカード=ブラックカード』という方程式を作り上げた歴史を持つ点や、専門の職人が一枚一枚を手作りで作っているという点から見ても、アメリカン・エキスプレス・センチュリオンカードはオンリーワンの存在であり、他のありとあらゆるクレジットカードの追随を許すことはありません。

対象となる年齢や目標年収はあくまでも下限の目安です。

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードからアメリカン・エキスプレス・プラチナカードへステップアップした後、高額決済を年単位で継続的に計上する必要があるため、実際のところは20代でインビテーションを受けるのは困難を極めるでしょう。

年収についても、2,000万円だとアメリカン・エキスプレス・センチュリオンカードを維持していくのが難しいため、3,000万円を超えた辺りから保有を考えるのが妥当と言えます。

そんなアメリカン・エキスプレス・センチュリオンカードの至高のメリットは以下の通りです。

  • 世界最高峰のカードで圧倒的なステータスをアピールできる
  • 会員専用のセンチュリオン・パーソナル・コンシェルジェがつき、24時間365日いつでも、依頼や相談ができる
  • 名だたる世界の有名ホテルの上級会員の資格を取得できる
  • 有名ブランド店で営業終了後に貸切状態で買い物ができる
  • プライオリティ・パスのプレステージ会員が無料
  • フリー・ステイ・ギフトで毎年一流ホテルに宿泊できる
  • 海外の空港に設置されているセンチュリオンラウンジを利用できる
  • プラチナ・アクセスで秘蔵の料亭に行ける
  • 高級レストランのコース料理が1名分無料
  • SBIウェルネスサポートで医者や看護師の無料カウンセリングを受けられる
  • プライベート・クルーズを楽しむことができる
  • 航空機遅延保険を含む国内外の旅行傷害保険が充実
  • ありとあらゆるプロテクションが付帯
  • 毎年の誕生日に上質なプレゼントが届く
  • 超レアなセレブのイベントやパーティに招聘される

ただし、アメックス・センチュリオンを保有できる可能性は限りなく低いと考えるのが妥当です。

アメックス・プラチナのように、利用者を増やすことはなく、一定のパーセンテージの中で発行を考えている可能性がある為です。

アメックス・プラチナで年間数億の決済があっても、アメックス・センチュリオンのインビテーションが届くことがないというのも珍しくありません。だからこそ、他を寄せ付けない男なら誰もが憧れるクレジットカードと言えるでしょう。

デザインが格好良い!ステータスを感じられるお得な格安ゴールドカード

高額な年会費は払えないけど、やっぱりステータスカードは欲しい!

このように思われる方に目を向けていただきたいのがこちらの格安ゴールドカードがおすすめです。

  • MUFGカードゴールド
  • MUFGカード ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード
  • オリコカード・ザ・ポイントプレミアム

上記のゴールドカードであれば年会費が安く済む上に、デザイン的にもステータス性を感じられるのであれば、それに越したことはないですよね。

以下、それぞれのクレジットカードの基本情報やスペックについてみていきましょう。

MUFGカードゴールド

MUFGカードゴールド

還元率 0.5%~
年会費 初年度:無料
2年目以降:1,905円(税抜)
※楽Pay利用で半額
国際ブランド VISA/MasterCard/JCB
ETCカード 無料
家族カード 1人目:無料
2人目初年度:無料
2人目2年目以降:400円(税抜)

MUFGカードゴールドの申し込み基準は以下の通りです。

  • 対象年齢:満18歳以上
  • 目安年収:300万円以上

MUFGカードゴールドは三菱UFJニコスが発行しているクレジットカードであり、非常に安心感があるのはもちろん、券面がゴールドであることも手伝って、確かなステータスを感じることができる1枚です。

特に、10代や20代前半でステータスカードを持ちたい方にとっては、無理なく持つことができるクレジットーカードと言えるのではないでしょうか。

参考イチ早くステータスを!20代におすすめなゴールドカードはこちら

格安のゴールドカードでも空港ラウンジが利用できる!

MUFGカードゴールドは格安のゴールドカードであるにもかかわらず、以下の空港ラウンジを自由に利用することができる1枚です。

対象の空港 空港ラウンジ名
新千歳空港 ロイヤルラウンジ
成田国際空港 第1ターミナル IASS Executive Lounge1
第2ターミナル IASS Executive Lounge2
羽田空港 第1旅客ターミナル POWER LOUNGE NORTH・SOUTH
エアポートラウンジ
第2旅客ターミナル POWER LOUNGE NORTH
エアポートラウンジ
国際線旅客ターミナル SKY LOUNGE
SKY LOUNGE ANNEX
中部国際空港 プレミアムラウンジセントレア
関西国際空港 カードメンバーズラウンジ六甲/金剛
比叡/アネックス六甲
福岡空港 くつろぎのラウンジTIME
ダニエル・K・イノウエ国際空港 IASS HAWAII LOUNGE

対象となっている空港ラウンジの数だけをみれば少し寂しい気がしないでもないですが、いずれも主要空港となっているため、使い勝手に不足を感じない方も多いでしょう。

空港ラウンジはマストだけど、ランニングコストは抑えたい!

以上のような願いを持つ方にとって、MUFGカードゴールドはぴったりのクレジットカードですね。

MUFGカードゴールドがおすすめな人

  • 格安でステータス性のあるデザインのゴールドカードが欲しい人
  • 格安の年会費で空港ラウンジを利用したい人
  • 格安の年会費で国内外の旅行傷害保険を付帯させたい人
  • 三菱UFJ銀行のATM手数料を無料にしたい人

» 公式サイトで特典をチェックする

MUFGカード ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

MUFGカードゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

還元率 0.5%~
年会費 初年度:無料
2年目以降:1,905円(税抜)
※楽Pay利用で半額
国際ブランド AMEX
ETCカード 無料
家族カード 1人目:無料
2人目初年度:無料
2人目2年目以降:400円(税抜)

MUFGカード ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードの申し込み基準は以下の通りです。

  • 対象年齢:満18歳以上
  • 目安年収:300万円以上

MUFGカード ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードの年会費は1,905円(税抜)と非常にお手頃ですが、三菱UFJニコスがプロデュースしているアメックスのゴールドというだけで、ステータス性は十分にアピールすることができるでしょう。

ちなみに、日本に存在するゴールドカードの中で、最安値でアメックスブランドを持つことができるのはこのMUFGカード ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードですよ。

アメリカン・エキスプレス・コネクトで各種優待を享受

アメリカン・エキスプレス・コネクト

いくら格安で持つことができるアメックスと言えど、アメックスならではの特典であるアメリカン・エキスプレス・コネクトはしっかりと利用することができます。

具体的にどんな特典があるんですか?」という声が聞こえてきそうなので、主な優待内容を以下に示しておきましょう。

  • NY発オンラインショップ『GILT』で使える5,000円割引券
  • エクスペディアで海外/国内の人気ホテルが8%オフ
  • 世界中から厳選されたレストランにて20%オフなどの特典

ご覧の通り、ショッピング、ホテル、グルメなど様々なシーンでお得感があります。せっかく年会費のお得なアメックスを作成するのであれば、積極的にアメリカン・エキスプレス・コネクトの特典を享受したいですね。

MUFGカード ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードがおすすめな人

    • 格安でステータス性のあるデザインのゴールドカードが欲しい人
    • アメックスのゴールドカードを最安値で持ちたい人
  • アメリカン・エキスプレス・コネクトの優待を享受したい人
  • 格安の年会費で空港ラウンジを利用したい人

» 公式サイトで特典をチェックする

オリコカード・ザ・ポイントプレミアム

オリコカード・ザ・ポイントプレミアム

還元率 通常:1%~
入会後半年間:2%
年会費 1,950円
国際ブランド MasterCard/JCB
ETCカード 無料
家族カード 無料

オリコカード・ザ・ポイントプレミアムの申し込み基準は以下の通りです。

  • 対象年齢:満20歳以上
  • 目安年収:300万円以上

オリコカード・ザ・ポイントプレミアムは、シックなブラックを基調としたシンプルかつおしゃれなクレジットカードです。

格安のゴールドカードとはいえ、そこまでクレジットカードに詳しくない方からすると、オリコカード・ザ・ポイントプレミアムはかなりのステータスカードと判断されることもあるでしょう。

入会後半年間は常に還元率が2倍

入会後半年間は常に還元率が2倍

オリコカード ザ ポイント プレミアムゴールドの魅力はやはり、入会後半年間は常に2%の還元を得られるということです。

  • 入会後半年間の基本還元率:2%
  • 半年経過後の基本還元率:1%

このポイント2倍特典は、リアル店舗やネット通販における決済はもちろん、公共料金の支払いに対しても適用されます。

普段からとにかくクレジットカードの利用が多い方や、向こう半年間で大きな買い物を控えている方にとって、オリコカード ザ ポイント プレミアムゴールドは相性抜群の1枚と言えますね。

オリコカード・ザ・ポイントプレミアムがおすすめな人

  • 格安でステータス性のあるデザインのゴールドカードが欲しい人
  • 入会後半年間のポイント2倍特典に魅力を感じる人
  • ポイント還元率が高いゴールドカードを利用したい人
  • 格安の年会費で国内外の旅行傷害保険を付帯させたい人

» 公式サイトで特典を見る

招待制の上位カードを目指すには下位カードで信用を積み上げることが大事

ここまでで実に多種多様なクレジットカードをご覧いただきましたが、ここで改めて招待制の上位カードを取得する方法を確認していきたいと思います。

  • アメックス・プラチナカード(申込み制に!)
  • JCB THE CLASS
  • ダイナースクラブ・プレミアムカード

上記のクレジットカードに少しでも関心を持っている方はぜひ、以下の内容を読み進めてみてくださいね。

アメックス・プラチナカードを目指すならアメックス・ゴールドカードで信用を積み上げる

2019年4月からアメックス・プラチナはインビテーションがなくても申し込みが可能となりました!

アメックス・プラチナカードへのインビテーションを受けたいのであれば、アメックス・ゴールドカードで信用を積み上げていく必要があります。

  • アメックス・ゴールドカード→アメックス・プラチナカード

アメックス・プラチナカードの取得基準は以下の通りです。

  • 対象年齢:満20歳以上
  • 目安年収:1,000万円以上

下位カードのアメックス・ゴールドカードは20歳以上であれば作成できるため、早ければ20代前半にアメックス・プラチナカードのホルダーになることも夢ではありません。

遅延なき支払いを励行しつつ、できるだけ日々の支払いをアメックス・ゴールドカードに集約することで、アメックスからの信頼を勝ち取りましょう。

インビテーションを受けるための条件やインビ限定カードについては『【招待制】インビテーションとは?招待された人だけが持てるクレジットカードや条件を解説!』の記事でも詳しく解説していますので、ぜひ合わせて参考にしてみてください。

JCB THE CLASSを目指す方法は2通りある

JCB THE CLASS

JCBプロパーの最高峰に位置するJCB THE CLASSに関しては、インビテーションを受ける流れが2通りあります。

  • JCBプラチナカード⇒THE CLASS
  • JCBゴールドカード⇒JCBゴールド ザ・プレミア⇒THE CLASS

JCB THE CLASSの取得基準は以下の通りです。

  • 対象年齢:満25歳以上
  • 目安年収:500万円以上

よりスピーディにステップアップしたい方はJCBプラチナカードを、時間がかかってもいいからJCBゴールド ザ・プレミアを経てJCB THE CLASSに至りたい方はJCBゴールドカードを作成しましょう。

ちなみに、JCBゴールド ザ・プレミアはJCBゴールドカードを保有している方が以下の条件を満たした場合に取得できる追加カードです。

  • JCBゴールドカードのショッピング利用合計金額が2年連続で100万円以上
  • MyJCB(会員専用の無料WEBサービス)に受信可能なEメールアドレスを登録している

なお、JCBゴールドカードと比較した時に際立つJCB ゴールド ザ プレミアならではの魅力は以下の通りです。

  • 世界中の空港ラウンジが利用できるプライオリティ・パスが無料
  • JCBプレミアムステイプランで全国の厳選されたホテルや旅行において各種優待
  • ダイニング30で対象店舗の利用金額もしくはコース代金が30%オフ
  • JR京都駅ビル内のJCB Lounge 京都を利用できる

JCB ゴールド ザ プレミアを保有するにはJCBゴールドカードの年会費とは別に、5,000円(税抜)の年会費が必要となりますが、年間100万円のカード利用があれば、JCB ゴールド ザ プレミアの年会費は無料にできます。

つまり、実質JCBゴールドカードのランニングコストのみで、JCB ゴールド ザ プレミアを維持することができるということですね。

» JCBプラチナカードの公式サイトを見る

ダイナースクラブ・プレミアムカードを狙うならダイナースクラブカードで信用を積み上げる

ダイナースクラブ・プレミアムカードを狙いたい方は、ダイナースクラブカードで信用を積み上げることが重要です。

  • ダイナースクラブカード⇒ダイナースクラブ・プレミアムカード

ダイナースクラブ・プレミアムカードの取得基準は以下の通りです。

  • 対象年齢:満27歳以上
  • 目安年収:1,000万円以上

ダイナースクラブカードは27歳以上であれば発行できるクレジットカードです。

したがって、早い方であれば、20代後半〜30代前半のタイミングでダイナースクラブカードへの道が開けることでしょう。

どんなクレジットカードのインビテーションを受ける場合でも、基本的に重要視しなければならないことは同じです。

ダイナースクラブカードの継続的かつ長期的な利用と、遅延なき支払いを意識して、着実にダイナースクラブ・プレミアムカードへの道のりを歩んでいってください。

» ダイナースクラブカードの公式サイトを見る

クレジットカードにステータスを感じるのは本当か?

本記事ではクレジットカードのステータスをテーマに様々なカードを紹介してきましたが、そもそも、クレジットカードに対してステータスを感じるのは本当なのかという事に関して考察を加えていきたいと思います。

冷静になって考えてみると、クレジットカード1枚でその人のステータスの全てが決まるわけではないですよね。

以下、まずはクレジットカードにステータスを感じる理由について考えてみましょう。

クレジットカードにステータスを感じる理由

クレジットカードにステータスを感じる理由を一言に集約するとこうなります。

  • 社会的信頼がなければ審査をクリアできないカードを所有しているから

社会的信頼っていうとやはり年収ですよね?」と思われる方もいるかもしれませんが、年収だけが重要とは言い切れません。

たとえば、以下の2名の方がいた場合、あなたがクレジットカード会社の人間であれば、どちらの方にクレジットカードの発行を承認するでしょうか。

  • 年収500万円で一切支払いの遅延を起こしたことがない人
  • 年収1,000万円で毎月支払いの遅延があり、かつ他社からの借入額が大きい人

さすがに後者の方にホイホイとクレジットカードを渡すわけにはいかないですよね。

改めての確認ではありますが、クレジットカード会社は年収のみならず、その人の支払い状況や借入状況などを総合した上で、審査の結果を出しています。

したがって、いくら年収が高い方でも、度重なる支払いの遅延で信用がない方は、ステータスカードの審査をくぐり抜けることはできないのです。

以上を踏まえると、審査が厳格に行われるステータスカードを所有している人は、年収が安定していてかつ、信用度の高い人として注目を集めるため、自然と周囲にステータスを感じさせるのでしょう。

ゴールドカードでもステータス性は十分!会計時に出せば好印象かも!

本記事の冒頭でもお伝えしましたが、クレジットカードの序列を表すと以下のようになります。

最近ではプラチナカードやブラックカードも数多く出てきていることもあり、ゴールドカードにそこまでのステータスがあるのかという議論が生じています。

しかし、クレジットカードにそこまで詳しい人でもない限り、アメックス・ゴールドカードなどを始めとするクレジットカードを所有しているとそれだけで、ステータスを感じられる場面は多いことも事実です。

したがって、無理に背伸びしてプラチナカードやブラックカードに手を伸ばす必要もありませんし、年会費をできるだけ抑えたい方は特に、比較的お手頃なゴールドカードを発行するだけでも十分と言えるでしょう。

モテるために必須!?ステータス性を感じる国際ブランドを独自調査!

ここまでクレジットカード単体でのステータス性を紹介してきましたが、実は国際ブランドで感じるステータス性というものもあります。

当サイト独自に1,000名へのアンケート調査を実施したところ、3人に1人がAMEXブランドにステータスを感じているということが判明しました。

  • AMEX:32.1%
  • VISA:18.7%
  • ダイナースクラブカード:16.5%
  • MasterCard:14.6%
  • JCB:13.2%
  • 銀聯:1.8%
  • ディスカバー:3.1%

国際ブランドで考えた場合にはAMEXブランド(アメックス・ゴールド等)が1位でしたが、MasterCardではラグジュアリーカードが新たに登場するなど、ここからステータスが上がってくることは間違いありません。

ぜひステータスを得る為の1つの指標としてみてください。

今すぐ入手可能なステータスのあるクレジットカードを作ろう!

よし!じゃあ入手しやすいクレジットカードを作ろう!」となった時に特におすすめしたいのが本記事でもすでに紹介している以下のクレジットカードです。

  • アメックス・ゴールドカード
  • セゾンゴールド・アメックス
  • ラグジュアリーカード(チタン)

クレジットカードのステータスに限った話ではありませんが、物事は上を見始めたらキリがありません。塩梅のいいところを見極めた上で、前向きに妥協することがポイントとなるのではないでしょうか。

以下、改めてこれらのクレジットカードのスペックを確認してみましょう。

存在感重視!アメックス・ゴールドカード

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

還元率 1%
年会費 29,000円(税抜)
国際ブランド AMEX
ETCカード 新規発行手数料:850円(税抜)
年会費:500円(税抜)
家族カード 1人目:無料
2人目:12,000円(税抜)

コスパ重視の方はセゾンゴールド・アメックス

セゾンゴールドアメックス

還元率 国内:0.75%
海外:1%
年会費 初年度無料
2年目以降:10,000円(税抜)
国際ブランド AMEX
ETCカード 無料
家族カード 1,000円(税抜)

他と差をつけたい方はラグジュアリーカード(チタン)

ラグジュアリーカード(チタン)

還元率 国内:0.5%
海外:1%
年会費 50,000円(税抜)
国際ブランド MasterCard
ETCカード 無料
家族カード 15,000円(税抜)

まだまだある!入手困難なハイステータスカード

他にレアなクレジットカードがあれば知りたい!

そんなふうに思われている方におすすめなのが以下のクレジットカードです。

  • SURUGA VISAインフィニットカード
  • ポルシェカード
  • 楽天ブラックカード

これらはいずれも入手困難なステータスカードであり、一瞬で周囲の人を魅了する力を備えているのは間違いありません。

以下、それぞれのクレジットカードのスペックを確認していきますよ。

VISA最高のカード!?SURUGA VISAインフィニットカード

還元率 0.9%〜1.8%
年会費 120,000円(税抜)
国際ブランド VISA
ETCカード 無料
家族カード 無料

SURUGA VISAインフィニットカードはその名からも分かる通り、スルガ銀行が発行しているクレジットカードです。

SURUGA VISAインフィニットカードは日本で唯一VISAのブラックカードであり、ステータス性はもちろん、希少性が非常に高い1枚と言えます。

どうやって作成するんですか?

SURUGA VISAインフィニットカードのインビテーションを受ける上で重要となるポイントは以下の通りです。

  • スルガ銀行と多額の取引を行う
  • 投資や保険関連の商品を購入する

一般的には住宅ローンの契約が近道です。

また、住宅ローンの営業マンに対し、「SURUGA VISAインフィニットカードを発行してくれるなら契約する。」という話を持ちかけてみるのも良いでしょう。

そんなSURUGA VISAインフィニットカードの目玉となるメリットは以下の通りです。

  • ショッピング利用額の1.8%をスルガ銀行の繰り上げ返済に住宅ローンに充当できる
  • 24時間365日対応のコンシェルジュサービスを利用できる
  • プライオリティ・パス1枚で同伴者4名までが無料
  • スルガ銀行各店舗のプレミアムサロンを利用できる
  • プライベートジェットやヘリコプターチャーター、クルーズチャーターを利用できる
  • 最高級車を扱うプレミアムレンタカーで優待
  • 有名ブランド店で営業終了後に貸切状態で買い物ができる
  • 年に1度、好きなプレゼントを選ぶことができる
  • 最高1億円の海外旅行傷害保険が付帯
  • 最高1,000万円までのショッピング保険が付帯
  • 東京ミッドタウンクリニックの検診メニューを優待価格で利用できる
  • プレミアム普通預金、プレミアム定期預金で特別金利が適用される
  • 投資信託の申込手数料の50%がキャッシュバックされる

ポルシェオーナー限定!ポルシェカード

ポルシェカード

還元率 一般加盟店:0.5%
ポルシェ正規販売店:1%
年会費 20,000円(税抜)
国際ブランド MasterCard
ETCカード 無料
家族カード 1,000円(税抜)

ポルシェカードはその名の通り、ポルシェのオーナーが所有できるクレジットカードであり、カードデザインにもポルシェの文字とエンブレムが刻印されているため、ステータス性をアピールするのに言葉は不要です。

ポルシェカードを作成する方法は以下の通りです。

  • 正規販売店でポルシェを購入して『公式ホームページ』から申し込み手続きをする
  • ポルシェオーナーが集うイベントで設置されているポルシェカードのブースにおいて、ポルシェオーナー同伴のもと、申し込み手続きをする

前者は正攻法であり、後者は裏技的な作成方法と言えます。

ポルシェカードを備えておくことで、他のポルシェオーナーとの繋がりが広がっていきそうですね。

そんなポルシェカードの目玉となるメリットは以下の通りです。

  • ウェルカムギフトをもらえる
  • ポルシェ正規販売店が提供するサービスを優待価格で利用できる
  • 24時間365日対応のコンシェルジュサービスを利用できる
  • プライオリティ・パスのプレステージ会員が無料
  • 高級レストランのコース料理が1名分無料
  • 出発、帰国時の往復で3個まで手荷物無料宅配
  • 世界唯一の Porsche A.G.公認店で優待特典を享受できる
  • 最高1億円の国内外旅行傷害保険が付帯
  • 最高300万円のショッピング保険が付帯

意外にも入手が困難!楽天ブラックカード

楽天ブラックカード

還元率 通常:1%
楽天市場:6%~
年会費 30,000円(税抜)
国際ブランド MasterCard/JCB/AMEX
ETCカード 無料
家族カード 無料

楽天ブラックカードは年会費30,000円(税抜)のクレジットカードですが、年会費が130,000円(税抜)のダイナースクラブ・プレミアムカードやアメリカン・エキスプレス・プラチナカードよりもインビテーションのハードルが高いという噂もあるほどのレアカードです。

クレジットカードに精通している方の目に留まれば、「お!」という簡単の一言を聞けるのではないでしょうか。

そんな希少価値の高い楽天ブラックカードの入手方法は大きく、以下の2通りがあります。

  • インビテーションを受ける
  • インビテーションを待たずして、「申し込みページ」からエントリーする

え、インビテーションなしでも作成できるんですか?」と思われる方もいるかもしれませんね。

実は楽天ブラックカードの申し込みページが存在し、そこから申し込みの申請をすることは可能です。

ただし、インビテーションを受けるにしろ、自ら申請するにしろ、以下のような楽天系列における実績が重要となってくるのは言うまでもありません。

  • 楽天カード
  • 楽天市場
  • 楽天銀行
  • 楽天証券
  • 楽天トラベル

下位カードの楽天プレミアムカードの継続的な利用でインビテーションを勝ち取った例もあれば、楽天カードを保有していないにもかかわらず、他の楽天系列における利用や取引が顕著な方に突如インビテーションが来るという話もあります。

以上を踏まえた上で、できるだけ幅広い楽天関連のサービスを継続的に利用し、コツコツと楽天からの信頼を勝ち取っていくことがポイントですね。

最後に、楽天ブラックカードの目玉とも言えるメリットを紹介しておきましょう。

  • 24時間365日対応のコンシェルジュサービスを利用できる
  • プライオリティ・パス1枚で同伴者2名までが無料
  • 高級レストランのコース料理が1名分無料
  • 最高1億円の国内外旅行傷害保険が付帯
  • 最高300万円のショッピング保険が付帯
  • 楽天市場・楽天トラベル・エンターテイメントでポイントアップ
  • 誕生月は楽天市場・楽天ブックスの利用でポイント6倍
  • 楽天ビジネスカードが利用できる
  • 楽天プレミアムが1年間無料

 

クレジットカードにステータスや格付けは感じない・必要ないという人もいる

本記事の最終項でお伝えしておきたいのは、クレジットカードにステータスや格付けを感じない人や、それらを重要視しない人もいるということです。

もちろん、年会費無料のクレジットカードを持っている人に敬意を払わないという少々寂しい対応をされる方がいるのも事実ですが、日常生活において、クレジットカードのステータスが必須となる場面はそうそうないですよね。

この点を踏まえて考えれば、クレジットカードのステータスに振り回されてしまっている方もいるのではないでしょうか。

ステータスに固執しすぎるのは見栄を張りたいという気持ちの表れ

人間というのは誰しも少なからず、他人から良く見られたいという欲求があります。

女性を目の前にしてカッコつけたがる男性や、男性を目の前にしてぶりっ子を演じる女性がいることが良い例ですね。

もちろん、それは決して悪いことではなく、他人から良く見られたいという気持ちが大きなモチベーションとなって成功していく人も多いですし、他人の目線を一切気にしないというのもまた問題です。

もちろん、私もゴールドカードを持つのはカードの持つステータス性に惹かれてという意味合いが大きいです。全ての機能を使いこなしているわけでもありませんが、やはりゴールドカードを使うことによって周囲の目が変わるというのは大きなメリットだと思っています。

大切なのはバランスを保つこと。

クレジットカードで言うと、『必要以上に背伸びをしようとしていないか』『本当にステータスカードが必要であるか』を改めて考えてみることが重要です。

ステータスがあっても人間力がなければ人からは好かれない

いくらその人がお金持ちでステータスカードを所有していても、人として魅力を感じることができなければ本末転倒です。

たとえば、以下の2名が目の前にいた時、あなたならどちらの方に好感を覚えるでしょうか。

  • 幻のカードのアメリカン・エキスプレス・センチュリオンカードをこれ見よがしにアピールしてくる大富豪
  • 大富豪にもかかわらず、年会費無料の一般カードを愛用していて謙虚な人

おそらく後者に好感を抱く人の方が多いのではないでしょうか。

これが、いかにステータスカードを持っていようとも、人間力には敵わないことの証明になりますね。

以上を踏まえた上で、改めて本記事で紹介しているクレジットカードに目を向けていただければ、あなたにとってベストな選択ができることでしょう。

タイトルとURLをコピーしました