» おすすめなステータスカードはコチラへ

【口コミ多数】dカードGOLDはドコモユーザー必須の特典が豊富!dカードGOLDのメリット・デメリットを解説

ドコモユーザーだけど、dカードとdカードGOLDのどちらが良いかわからない!

せっかく作成するのであれば、補償や特典に優れた1枚が欲しい!

このように思われている方におすすめなのが、dカードGOLDです。

ここでは、dカードGOLDについて、メリットやデメリットはもちろん、実際のユーザーから聞くことができる生の声も参考にしながら、徹底的に解説をしていきたいと思います。

この記事を読み終えた頃にはあなたも、dカードGOLDを作成したくてうずうずしていることでしょう。

dカードGOLDはドコモユーザー必見のゴールドカード!

dカードゴールド

還元率 通常加盟店:1%
ドコモ料金:10%
年会費 10,000円(税抜)
国際ブランド VISA/MasterCard
ETCカード 無料
家族カード 1,000円(税抜)
※1枚目は無料

dカードGOLDはドコモユーザーであれば必ずチェックしていただきたいクレジットカードです。詳細は後ほど解説しますが、ドコモユーザーであれば、年会費を相殺できるほどのポイント還元を得られる可能性があるのです。

また、家族カードの1枚目が無料という点も見逃せません。

仮に夫婦でdカードGOLDを作成すれば、実質一人当たりの負担額は5,000円(税抜)となり、非常にお得感があります。対象となる家族会員がいる場合、本会員の申し込みと合わせてぜひ入会手続きをしておきましょう。

dカードGOLDの利用限度額

dカードGOLDの利用限度額は以下の通りです。

  • 10万円〜300万円

10万円と300万円では随分と幅がありますね。

クレジットカードは信用第一ですから、カード会社からの信頼を獲得しなければ、潤沢な利用枠を確保することはできません。

したがって、利用限度枠の引き上げを目指すのであれば、以下のようなポイントに配慮しつつ、dカードGOLDを積極的に活用していくと良いでしょう。

  • dカードGOLDを継続的かつ長期的に利用する
  • dカードGOLDでのカード利用額を高める
  • 毎月遅延なき支払いを励行する

dカードGOLDとdカードの比較

dカード

dカードの種類には、実質年会費無料で持つことができる通常のdカードもあります。ここでは、dカードGOLDとdカードにどのような差があるのかを見ておきましょう。

dカードGOLD dカード
年会費 10,000円(税抜) 初年度:無料
2年目以降:1,250円(税抜)
※前年に1度でもカード利用があれば無料
家族会員の年会費 1,000円(税抜)
※1枚目は無料
初年度:無料
2年目以降:400円(税抜)
※前年に1度でもカード利用があれば無料
還元率 通常の加盟店:1%~
ドコモ料金:10%
1%~
ケータイ補償 最大10万円 最大1万円
空港ラウンジ特典 あり なし
年間利用額に応じて得られる特典 あり なし
旅行傷害保険 海外:最大1億円
国内:最大5,000万円
航空機遅延:最大2万円
海外:なし
国内:なし
航空機遅延:なし
ショッピング保険 最大300万円 最大100万円

dカードは実質年会費無料で持てるというのが強みですが、ドコモユーザーからすれば、これはさほど魅力となる部分ではありません。

というのも、dカードGOLDならドコモ料金に対して10%還元があり、人によってはこれだけで年会費分をペイできてしまうのです。

  • dカード:1%還元
  • dカードGOLD:10%還元

したがって、ケータイ補償や空港ラウンジ特典、旅行傷害保険など様々な面においてハイスペックなdカードGOLDに軍配が上がると評価して良いでしょう。

申し込み前に知っておきたいdカードGOLDの口コミ/評判

クレジットカードの基本情報を把握しておくのはもちろん重要ですが、それ以上に実際のユーザーから発信されている口コミや評判に説得力を感じるのも事実です。

そこでここでは、申し込み前に知っておきたいdカードGOLDの口コミに目を向けていきたいと思います。

ドコモユーザーなら必須!と言われているdカードGOLDですが、具体的にはどのような評判が寄せられているのでしょうか。

良い口コミ|dカードGOLDはポイントだけで年会費の元が取れてしまう

まず最初に紹介する口コミは、dカードGOLDで獲得できるポイントの素晴らしさに関する内容です。

ご覧の通り、多方面から喜びの声が上がっていますね。

それもそのはず。冷静に考えて、10%が毎月還元されるクレジットカードなど、他を探してもまずありません。

これが、dカードGOLDはドコモユーザーなら絶対に持っておきたいと言われる所以なのです。

良い口コミ|dカードGOLDは審査が非常にスムーズ

続いて紹介する口コミは、dカードGOLDの審査に関する内容です。

できる限り早くクレジットカードを手に入れたいと思っている方は、特に要チェックですよ。

ゴールドカードの審査がたった10分で完了してしまうのには驚きですね。

もちろん、審査が完了次第、dカードGOLDの発送が開始されますから、審査の速さはダイレクトに、dカードGOLDを入手するまでのスピードに影響しますよ。

良い口コミ|dカードGOLDは新卒や主婦でも作成できる

こちらも審査関連の内容ですが、新卒や主婦の方でも作成できるって本当なのでしょうか。

以下、実際のユーザーの生の声をご覧ください。

ご覧の通り、新卒1年目の方や、専業主婦の方でもdカードGOLDの審査をクリアしている実績がありますね。審査に自信がないと思っている方でも、案外すんなりとdカードGOLDを作成できてしまうかもしれませんよ。

良い口コミ|dカードGOLDは空港ラウンジが利用できる

最後に紹介するのは、空港ラウンジ特典に関する内容です。

ドコモユーザーでかつ、旅行へ出かける頻度の高い人にとっては、もうこの時点でdカードGOLDに惚れ込んでしまうのではないでしょうか。

551のCMではありませんが、空港ラウンジ特典がある旅とない旅では、それこそ快適度において雲泥の差がついてしまいます。

空港ラウンジ特典があれば、旅の途中で英気を養うこともできますし、Wi-Fiが利用できる環境で、パソコン作業をサクサク進めることもできますね。

dカードGOLDの嬉しいメリット・特典

dカードGOLDのことをもっと知りたい!

このように思われている方も多いのではないでしょうか。

ここではいよいよ、dカードGOLDの嬉しいメリットや特典について解説をしていきます。

dカードGOLDを持つことで得られるメリットは以下の通りです。

  • ドコモ料金に対して10%還元
  • dポイントスーパー還元プログラムで最大+7%還元
  • 空港ラウンジが利用できる
  • 年間100万円以上の利用で豪華特典
  • 最大10万円のケータイ補償が付帯
  • 国内外の旅行傷害保険が充実
  • ショッピング保険が付帯
  • dカード特約店で還元率アップ
  • dカードポイントUPモールの経由でネット通販がお得
  • dポイントカードの機能が付帯
  • ローソンなら還元率5%
  • 電子マネーのiD機能が付帯

どれもこれも気になる項目ばかりですね。

早速、それぞれのメリットについて見ていきましょう。

ドコモ料金に対して10%還元

dカードゴールドポイントで年会費分がたまる

ポイント還元だけで年会費の元が取れる

dカードGOLDの基本還率は1%ですが、ドコモ料金に対してはなんと、通常の10倍の10%が還元される仕様となっています。

  • 基本還元率:1%
  • ドコモ料金:10%

ドコモ料金は、携帯電話料金の他、ドコモ光の通信料金も含まれます。

これらの双方を利用している方であれば、それこそdカードGOLDの年会費分をゆうに超えるポイント還元を得ることも可能です。

ここで気になってくるのが、毎月どのくらいドコモ料金を支払っていれば、年会費の元を取ることができるかということ。

結論から言えば、ドコモ料金で毎月9,000円の利用があればちょうど1年でdカードGOLDの年会費分を相殺するだけのポイントが集まります。

  • 9,000円×10%=900ポイント(1ヶ月あたり)
  • 900ポイント×12ヶ月=10,800ポイント(年間)

換言すれば、毎月9,000円以上のドコモ料金を支払っている方は、実質年会費を相殺でdカードGOLDを作成できるようなものです。

空港ラウンジ特典やケータイ補償などの様々な特典があることを踏まえると、どこからどう見ても、dカードGOLDを作成しない理由が見当たりませんね。

dポイントスーパー還元プログラムで最大+7%還元

dポイントスーパー還元プログラム

最大+7%還元

こちらは2019年6月から新たにスタートするプログラムです。

以下の条件を満たした上でキャンペーンにエントリーし、d払いか電子マネーのiDで決済することにより、最大7%の上乗せ還元を得ることができます。

  • dポイントクラブのプラチナステージ達成で+1%
  • dカードGOLDでのドコモ料金支払いで+1%
  • dマーケットの利用で+2%
  • いちおしパックの契約で+1%
  • DAZN for docomoの契約で+1%
  • Disney DELUXEの契約で+1%

d払いとは、スマホ専用のアプリを使い、アプリ画面上に表示されたQRコードやバーコードをレジで読み込んで、スマホだけで買い物ができる決済サービスのことです。

なお、本キャンペーンの特典として得られるポイントは、期間・用途が限定されている3ヶ月有効の期間限定ポイントであることには注意をしておきましょう。

空港ラウンジが利用できる

空港ラウンジ

先ほどの口コミの項目でもお伝えした通り、dカードGOLDには空港ラウンジ特典が付帯しています。

以下、どのような空港ラウンジが対象となっているかを見てみましょう。

地域 空港名 空港ラウンジ名
北海道 新千歳空港 スーパーラウンジロイヤルラウンジ
函館空港 ビジネスラウンジ A Spring
東北 青森空港 エアポートラウンジ
秋田空港 ロイヤルスカイ
仙台空港 ビジネスラウンジEAST SIDE
ビジネスラウンジWEST SIDE
関東 羽田空港 第1旅客ターミナルエアポートラウンジ(中央)
POWER LOUNGE NORTH/SOUTH
第2旅客ターミナルエアポートラウンジ(南/北)
POWER LOUNGE NORTH国際線旅客ターミナルSKY LOUNGE/SKY LOUNGE ANNEX
成田国際空港 IASS EXECUTIVE LOUNGE1/2
中部北陸 新潟空港 エアリウムラウンジ
富山空港 ラウンジらいちょう
小松空港 スカイラウンジ白山
富士山静岡空港 YOUR LOUNGE
中部国際空港 プレミアムラウンジセントレア
関西 大阪国際空港
(伊丹空港)
ラウンジオーサカ
関西国際空港 カードメンバーズラウンジ六甲/アネックス六甲/金剛/比叡/KIXエアポートラウンジ
神戸空港 ラウンジ神戸
中部 岡山空港 ラウンジマスカット
広島空港 ビジネスラウンジもみじ
米子空港 ラウンジDAISEN
山口宇部空港 ラウンジきらら
四国 高松空港 ラウンジ讃岐
松山空港 ビジネスラウンジ/スカイラウンジ
徳島空港 エアポートラウンジヴォルティス
九州沖縄 北九州空港 ラウンジひまわり
福岡空港 くつろぎのラウンジTIME
長崎空港 ビジネスラウンジアザレア
大分空港 ラウンジくにさき
熊本空港 ラウンジASO
鹿児島空港 スカイラウンジ菜の花
那覇空港 ラウンジ華〜hana〜
ハワイ ダニエル・K・イノウエ国際空港 IASS HAWAII LOUNGE

海外ではハワイの空港ラウンジしか対象になっていないのは少々残念ですが、国内に関しては主要空港をバッチリ網羅しています。

これだけ幅広く国内の主要空港が利用できるのであれば、どこへ旅に出たとしても、毎回空港ラウンジで充実したひとときを過ごすことができそうですね。

年間100万円以上の利用で豪華特典

dカードゴールドクーポン

年間利用額で年会費以上のクーポンがもらえる

dカードGOLDで100万円以上のカード利用をすることで、以下のいずれかのクーポンを獲得することができます。

  • ケータイ購入割引クーポン
  • d fashionクーポン
  • d トラベルクーポン
  • dショッピングクーポン
  • dデリバリークーポン

ちなみに、100万円以上利用した場合は10,000円(税抜)相当、200万円以上利用した場合は20,000円(税抜)相当のクーポンが手に入る仕様となっています。

99万円や199万円といった利用額で終わってしまうのは非常にもったいないので、ぜひ100万円もしくは200万円のボーダーラインを意識した上で、dカードGOLDを活用してみてくださいね。

最大10万円のケータイ補償が付帯

dカードゴールドケータイ補償

最大10万円分のケータイ補償が付帯

dカードGOLDにお手持ちの携帯電話を登録しておくことで、偶然の事故による紛失や盗難、修理不能(水漏れ・全損)などのトラブルがあった際に、以下の内容で補償を受けることができます。

  • 補償金額は最大10万円
  • 補償の対象となる携帯電話端末の購入時期が1年以内であること
  • 新たに同一機種、同一色の携帯電話をドコモショップでdカードGOLDで購入すること

購入して間もない携帯電話がトラブルに見舞われるという経験はあなたにもあるのではないでしょうか。そんな不測の事態に対応してくれるのが本特典の素晴らしいところです。

ぜひ、dカードGOLDを作成したらすぐに、携帯電話の登録作業を済ませておきましょう。

国内外の旅行傷害保険が充実

dカードGOLDには、以下の内容の旅行傷害保険が付帯しています。

海外旅行傷害保険(自動付帯)
保険内容 補償金額(本会員) 補償金額(会員の家族)
死亡後遺障害 1億円 1,000万円
傷害治療費用 300万円 50万円
疾病治療費用 300万円 50万円
賠償責任 5,000万円 1,000万円
携行品損害 50万円 15万円
救援者費用 500万円 50万円
乗継遅延費用保険金 20,000円 20,000円
出航遅延費用等保険金 10,000円 10,000円
寄託手荷物遅延費用保険金 10,000円 10,000円
寄託手荷物紛失費用保険金 20,000円 20,000円
国内旅行傷害保険(利用付帯)
保険の種類 本会員/家族会員が享受可能な保険金額
死亡後遺障害 5,000万円
入院日額 5,000円/日
手術 入院保険金日額の5倍もしくは10倍
通院日額 3,000円/日
乗継遅延費用保険金 20,000円
出航遅延費用等保険金 10,000円
寄託手荷物遅延費用保険金 10,000円
寄託手荷物紛失費用保険金 20,000円

dカードGOLDに付帯する旅行傷害保険の魅力は以下の通りです。

  • 海外旅行傷害保険は自動付帯で家族特約も含まれる
  • 国内外ともに、航空機遅延保険が付帯する
  • 補償額が非常に充実している

注意点としては、国内旅行傷害保険は全て利用付帯となっていることです。

したがって、国内旅行に出かける際には、旅行代金の一部を必ずdカードGOLDで支払っておきましょう。

ショッピング保険が付帯

dカードGOLDには、以下の内容のショッピング保険が付帯しています。

補償額 年間最大300万円
補償期間 購入日から90日以内
対象となる支払い方法 国内外問わず、全ての支払いに対して適用
自己負担 3,000円/件

ショッピング保険が付帯しているクレジットカードの中には、国内については、分割払いかリボ払いしか保険が適用されないものもあります。

この点を踏まえると、国内外問わず、全ての支払いに対して補償が伴うのは嬉しいですね。

万が一の時の備えをしておきたい商品を購入する際には、dカードGOLDでの決済を忘れないようにしましょう。

dカード特約店で還元率アップ

dカード特約店で還元率アップ

特約店利用で更に還元率UP

dカードGOLDの基本還元率は1%ですが、以下のようなdカード特約店においては、還元率の優遇を受けることができます。

合計還元率 dカード特約店名
2% ・ENEOS
・dショッピング
・伊勢丹
・三越
・高島屋
・洋服の青山
・THE SUIT COMPANY
・紀伊国屋書店
・JAL
特に優遇 ・マツモトキヨシ:3%
・AOKI:3%
・タワーレコード:3%
・JTB:3%
・ビッグエコー:3%
・スターバックスカード:4%
・ドトールバリューカード:4%
・クラブメッド:4%
・サカイ引越センター:4%
・オリックスレンタカー:6%

カフェと言えばスタバ!」という方にぜひ注目していただきたいのが、スターバックスカードへのクレジットチャージで4%もの還元が得られることです。

今まで現金で支払ってきた方であれば、「何で今まで教えてくれなかったの?」とさぞかし悔しい思いをされていることでしょう。

今後はぜひ、スターバックスカードにチャージした上で、スタバを利用してくださいね。

dカードポイントUPモールの経由でネット通販がお得

dカードポイントアップモール

経由するだけでポイント還元率UP

dカードGOLDのユーザーは、会員限定の『dカードポイントUPモール』を経由することで、ネット通販をお得に楽しむことができます。

対象となっている店舗と得られる還元率は以下の通りです。

合計還元率 店舗名
1.5% ・Amazon
・楽天市場
・Yahoo!ショッピング
・ベルメゾンネット
・DHCオンラインショップ
・Apple Store
・TSUTAYAオンライン
・H.I.S.
・Francfranc ONLINE SHOP
・ユニクロオンラインストア
・ジーユーオンラインストア
2% ・LOHACO
・セブンネットショッピング
・ニッセン
・イトーヨーカドーネットスーパー
・FANCL
・ビックカメラ.com
・ひかりTVショッピング
・じゃらん
・JTB
・マルイウェブチャネル
・i LUMINE
・セシールオンラインショップ
・ABC-MART.net
特に優遇 ・大丸松坂屋:2.5%
・成城石井.com:2.5%
・honto:2.5%
・ロフトネットストア:2.5%
・GAPオンラインストア:2.5%
・爽快ドラッグ:3%
・エクスペディア:3.5%
・サントリーウエルネスオンライン:3.5%
・京都 宇治伊藤久右衛門:4%
・ひかりTVブック:6%
・シマンテックストア:9.5%

Amazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングなどが含まれているところを見ると、使い勝手に申し分はないですね。

ちなみに、上記で示している還元率はあくまでもデフォルトの値です。

モールでは常にどこかしらの店舗がポイントアップのキャンペーンを展開しているため、タイミングによっては、あなたのお気に入りのショップで還元率が跳ね上がっているかもしれませんよ。

dポイントカードの機能が付帯

dカードGOLDには、dポイントカードの機能が付帯しています。

つまり、dポイントの加盟店においては、dカードGOLDの決済分と合わせて、ポイントの2重取りが成立するというわけですね。

  • dカード提示で1%のポイント還元
  • dカード決済で1%のポイント還元
    合計:2%

加盟店の存在を意識しておけば、2%の還元を受けるチャンスがどんどん広がっていきます。以下、主な加盟店を記載しておきますので、こちらも合わせて参考にしてみてください。

  • ローソン
  • マツモトキヨシ
  • マクドナルド
  • やまや
  • ジョーシン
  • ノジマ
  • 高島屋
  • かっぱ寿司
  • AOKI
  • ライフ
  • サツドラ
  • いきなりステーキ
  • PLAZA
  • GLOBAL WORK
  • ローソンストア100
  • ビッグエコー
  • はなの舞
  • FUJI
  • 薬王堂
  • イオンシネマ
  • Amazon
  • メルカリ
  • タワーレコード
  • DHC
  • ABC MART
  • 無印良品ネットストア
  • animate online shop
  • WILLER

ローソンなら還元率5%

dカード提示で1%のポイント還元 dカード決済で1%のポイント還元 ⇒合計:2%

ローソンでいつでも5%還元は大きなメリット

コンビニなら断然ローソン!

コンビニに食事の調達に行くことが多い!

このような方に非常に耳寄りなのが、ローソンにおける5%還元です。

基本還元率1%なのに、どうやったら5%になるの?

と疑問に思われる方も多いかと思いますが、dカードやdカードGOLDで決済をすれば、ローソンで3%オフになるという素晴らしい特典があるのです。

これに加え、前述したdポイントカードの特典を合わせれば以下の通り、合計でおよそ5%の還元になるというわけ。

  • dカード決済で3%オフ
  • dカード提示で1%のポイント還元
  • dカード決済で1%のポイント還元
    合計:5%

今まではセブンイレブンやファミリーマート派だった方も、dカードGOLDを持った途端に、ローソン派に寝返ってしまうかもしれませんね。

電子マネーのiD機能が付帯

dカードGOLDには、dポイントカードの機能だけでなく、電子マネーiDの機能も搭載されています。クレジット決済機能と合わせると、1枚で3役をこなす優れモノというわけです。

  • クレジット決済機能
  • dポイントカード機能
  • iD機能

iDはありとあらゆるシーンで瞬時に決済が可能な電子マネーです。

もちろん、ポイント還元も得られるため、クレジット決済と比較しても引けを取ることはありません。

ここで気になるのが、具体的にどのような店舗で活用できるのかということでしょう。

iDが適用できる主な店舗は以下の通りです。

  • セブンイレブン
  • デイリーヤマザキ
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • ローソン
  • マックスバリュ
  • まいばすけっと
  • イトーヨーカドー
  • イオンモール
  • 牛角
  • はま寿司
  • ガスト
  • フォルクス
  • バーミヤン
  • マクドナルド
  • 白木屋
  • 和民
  • 魚民
  • 安安
  • はなの舞
  • ツルハドラッグ
  • スギ薬局
  • ジャパン
  • コジマ
  • ジョーシン
  • ビックカメラ
  • ヨドバシカメラ
  • タワーレコード
  • AOKI
  • 洋服の青山
  • 東京ドームシティ
  • ENEOS
  • エッソ/モービル/ゼネラル
  • ANA FESTA
  • 関西国際空港
  • 快活CLUB
  • ビッグエコー
  • シダックス
  • ルートインホテルズ
  • Amazon
  • オリックスレンタカー

ご覧の通り、誰もが1度はお世話になったことのあるような店舗ばかりです。人によっては、iDを使うようになっただけで、現金いらずという方もいることでしょう。

まだ電子マネーiDを活用していない方は、この機会にぜひ、iDデビューを果たしてみてはいかがでしょうか。

dカードGOLDの残念なところ

どんなクレジットカードを持つ上でも同様ですが、メリットだけでなく、デメリットについてもきちんとおさえておくことが重要です。

ここでは、dカードGOLDの残念なところにも目を向けていきます。

dカードGOLDのデメリットとなってしまう点は以下の通りです。

  • 10%還元は1,000円未満の利用は切り捨てられる
  • 海外で利用できる空港ラウンジが少ない

早速、それぞれの項目について解説を進めていきましょう。

10%還元は1,000円未満の利用は切り捨てられる

dカードGOLDの目玉とも言える10%還元のメリットですが、あえて指摘させてもらうと、1,000円未満の利用は切り捨てになってしまうのが残念なところです。

たとえば、毎月8,900円のドコモ料金の利用がある方の獲得ポイントはこうです。

  • 8,000円×10%=800ポイント(1ヶ月あたり)
  • 800ポイント×12ヶ月=9,600ポイント(年間)

ところが、毎月9,000円(8,900円とたった100円差)のドコモ料金の利用がある方の獲得ポイントはこうなります。

  • 9,000円×10%=900ポイント(1ヶ月あたり)
  • 900ポイント×12ヶ月=10,800ポイント(年間)

ご覧の通り、たった100円の差とは思えないほどの変わり様です。

とはいえ、やはり10%還元は他のクレジットカードでは決して得られないメリットでもありますから、この点に対してそこまで神経質になる必要はないでしょう。

海外で利用できる空港ラウンジが少ない

dカードGOLDは国内のありとあらゆる空港ラウンジを利用できる便利なゴールドカードですが、海外ではハワイの空港ラウンジしか対象になっていないのが少々残念なポイントです。

特に、国内よりも海外に出かけることの方が多いという方にとっては、尚更この点がデメリットとして浮かび上がってくるでしょう。

対応策ですが、やはり他のクレジットカードも視野に入れるのがおすすめと言えます。

たとえば、世界中の空港ラウンジが利用可能となるプライオリティパス(47,000円〜48,000円相当)を最安で持てるカードに楽天プレミアムカードがありますが、こちらは年会費10,000円(税抜)です。

dカードGOLDもドコモユーザーにとっては破格の仕様ですが、楽天プレミアムカードもまた、海外旅行好きの方にとっては破格の1枚ですよ。

dカードGOLDの審査難易度・入手までの時間

dカードGOLDは欲しいけど、審査が不安です。

このように思われている方もいることでしょう。

そこでここでは、以下の項目について解説を進めていきたいと思います。

  • dカードGOLDの審査難易度
  • dカードGOLDを入手するまでの時間

dカードGOLDは年会費10,000円(税抜)のゴールドカードですが、審査難易度はどれくらいなのでしょうか。

dカードGOLDの審査難易度

結論から言ってしまうと、dカードGOLDは確かにゴールドカードに分類されますが、そこまで審査が厳しいわけでもありません。

こちらに関しては、本記事の口コミの項で紹介した通り、新卒1年目の方や専業主婦の方でも問題なく審査をクリアしている実例があります。このことから、以下のようなこともうかがえます。

  • 勤続年数はそこまで厳しく見られない
  • 年収は200〜300万円程度でも十分に可能性がある

以上を踏まえれば、審査に対して高いハードルを感じていた方も、少しは気が楽になるのではないでしょうか。

dカードGOLDを入手するまでの時間

dカードGOLDを入手するまでの時間は、審査にどれくらいの時間を要するかで決まります。審査にかかる時間についても、本記事の口コミの項で複数の情報を紹介しましたよね。

驚くことに、あちこちから10分程度で審査が通ってしまったという声が上がっていました。

ここまでスピーディに審査が進めば、申し込みから1週間以内にdカードGOLDをゲットできる可能性もあるでしょう。

もちろんこれは、大型連休などを含まない場合です。

したがって、できるだけ早くカードを入手したい方は、郵送事情も考慮に入れた上で、早い段階から手続きを進めると良いでしょう。

dカードGOLDの申し込み・入手方法

dカードGOLDの申し込みは具体的にどのように進めれば良いですか?」という声がそろそろ飛んできそうですね。

dカードGOLDの申し込み方法は大きく、以下の2種類に分けることができます。

  • 直接申し込み
  • 切り替え申し込み

以下、それぞれの方法について、解説を進めていきますよ。

直接申し込み

dカードGOLDの新規申し込み手続きは、オンラインでサクサク進めることができます。

申し込みの流れは以下の通りです。

  1. 公式ホームページ』にアクセスする
  2. お申込み』のバナーをクリックする
  3. dアカウントのIDとパスワードでログインする
  4. 必要事項を記入して送信する
  5. 審査
  6. dカードGOLDが届く

ここまでです。特に複雑なことはないですね。

あらかじめ本人確認書類や銀行口座の情報がわかる書類を手元に用意しておくと、よりスムーズに手続きを進めることができますよ。

切り替え申し込み

すでに通常のdカードをお持ちの場合は、アップグレード手続きでdカードGOLDを入手することもできます。こちらもやはり、オンラインでスムーズに手続きが可能です。

  1. 公式ホームページ』にアクセスする
  2. dカード・DCMXからアップグレード』のバナーをクリックする
  3. dアカウントのIDとパスワードでログインする
  4. 必要事項を記入して送信する
  5. 審査
  6. dカードGOLDが届く

ご覧の通り、切り替えの場合にも審査が伴います。

クレヒスの状態はもちろん、申請内容に不備がないかを十分に確認してから、切り替え手続きを進めましょう。

今すぐdカードGOLDを入手しよう!

dカードゴールド

dカードGOLDはドコモユーザーなら絶対に持っておきたい1枚です。

ここで改めて、dカードGOLDで得られるメリットについておさらいしておきましょう。

  • ドコモ料金に対して10%還元
  • dポイントスーパー還元プログラムで最大+7%還元
  • 空港ラウンジが利用できる
  • 年間100万円以上の利用で豪華特典
  • 最大10万円のケータイ補償が付帯
  • 国内外の旅行傷害保険が充実
  • ショッピング保険が付帯
  • dカード特約店で還元率アップ
  • dカードポイントUPモールの経由でネット通販がお得
  • dポイントカードの機能が付帯
  • ローソンなら還元率5%
  • 電子マネーのiD機能が付帯

ドコモ料金に対して10%の還元があるというメリットだけでも、ドコモユーザーがdカードGOLDを作成する理由としては十分です。

これに加え、2019年6月から新たにスタートするdポイントスーパー還元プログラムや空港ラウンジ特典、年間利用額に対する特典などの存在を思えば、もはやdカードGOLDを作成しない理由はありません。

あなたもぜひ、本記事の内容を改めて振り返っていただき、dカードGOLDの魅力を余すところなく活用してくださいね。(

コメント

タイトルとURLをコピーしました