ETCカード

デビットカードでETCカードを発行する方法!ETCカードを確実に手にする方法を解説!

デビットカードでETCカードは発行可能?!ETCカードを確実に手にする方法を解説!

デビットカードはクレジットカードとほぼ同じように決済ができるから、ETCカードも発行できますよね?

と思われている方もいるかもしれませんが、残念ながらデビットカードでETCカードを発行している銀行はほとんどありません。

ごくごく一部ではデビットカードでもETCカードの発行を行っている程度。

残念ながら、北陸在住の方のみデビットカードでETCカードが使える銀行があるだけです…。

しかし!デビットカードでETCカードの発行を諦めるのは仕方ないとしても、ETCカードはどうしても必要ではありませんか?(実は審査に通りやすいカードがあるんです…。)

ここでは、デビットカード×ETCカードを主なテーマとしながら、以下のような項目について解説を進めていきたいと思います。

  • デビットカードでETCカードを発行している銀行がほぼない理由
  • デビットカードでETCカードを発行できる数少ない銀行
  • 審査に不安がある方でも安心して発行できるクレジットカード
  • どうしてもクレジットカードの審査がクリアできない方の最終手段
  • 先払いなどのプリペイドETCカードは存在しない
  • 個人事業主や法人の方が作成できる法人ETCカード

クレジットカードがなかなか作成できないからといって、ETCカードを諦めてしまうのはまだ早いですよ。

審査不安に心強いカード!

年会費有料タイプのライフカード新たな種類のクレジットカードとして、デポジットタイプのライフカードが登場しました!(デザインも通常のライフカードと同じ)

年会費5,000円/デポジット10万円(解約時に返金)はかかるものの、クレジットカードとしてETCカードと合わせてこういった種類は日本初!

デポジット型ライフカードは審査の通過率が高い!デポジットだからこそ審査に安心感がある!

今までクレジットの審査に通らなかった人の希望として、間違いなく役立つカードですよ。

\デポジットだから審査も安心/
公式サイトで詳しく見る »

 

デポジットタイプのライフカードや審査に通りやすいクレジットカードを先に知りたい方は『審査に不安の方でも安心!間口が広いクレジットカードでETCカードを発行する!』をタップして先に進んでみてください。

デビットカードでETCカードを発行している銀行はほぼない理由

結論から言うと、デビットカードでETCカードを発行している銀行はほぼありません。

クレジットカードなら発行できるのに、なぜデビットカードならダメなの?」と思われる方もいるかと思いますが、その理由はシンプルで、デビットカードの決済システムにあります。

以下、具体的になぜデビットカードでETCカードが発行されていないかを解説していきますよ。

デビットカードは即時引き落とし!残高がないとETCゲートを通過できない

デビットカードはクレジットカードと異なり、決済した瞬間に、銀行口座から引き落としがかかります。

これに対してクレジットカードの場合、決済したタイミングではなく、およそ1ヶ月後に銀行口座から引き落とされるという仕組みです。

  • デビットカード:決済した瞬間に口座から引き落とし
  • クレジットカード:決済しておよそ1ヶ月後に口座から引き落とし

つまり、デビットカードは残高が残っていない状態だと決済そのものができないということになります。

そんな状態でETCレーンを通過しようとして、料金所のバーが開かないといった事態にでもなったら大変ですよね。

口座の残高不足でETCゲートを通過できなければ、多大なトラブルに発展する

口座に残高が残っていなければ決済そのものができないというデビットカードの特徴は、使い過ぎを防ぐという意味ではメリットですが、大事な時に決済ができないという点はデメリットです。

ご想像していただければお分かりの通り、ETCレーンを通過する時ほど重要な決済シーンはありませんよね。

ここで決済ができなければ、以下のようなトラブルが発生し、大混乱を招いてしまうのは必至でしょう。

  • 追突事故
  • 渋滞

じゃあ、デビットカードしか作成できない人は、ETCカードを諦めるしかないってこと?」と思われる方もいるかもしれませんが、諦めるのはまだ早いです。

ぜひ、以下の内容を読み進めてみてください。

北陸在住の方に朗報!北國銀行のみデビットカードでETCカードが発行可能に!

北國銀行のデビットカードえ!私北陸在住です!」と思わず興奮されている方もいるかもしれませんね。

デビットカードは本来、その決済システム上、ETCカードを作成できませんが、北國銀行だけは例外です。

以下の2種類のデビットカードでそれぞれ、ETCカードを紐付けることができますよ。

  • 北國VISAクラシックデビット
  • 北國VISAゴールドデビット

これらのデビットカードのETCカードでは、後日請求がかかる仕組みとなっています。

この仕様なら仮に料金所を通過する際に残高不足だったとしても、問題なくETCレーンを通過することができますね。

ただし、北陸県内に在住や事業所がある人のみが対象となります。北陸以外の方は『間口が広いクレジットカードでETCカードを発行する!』を参考にしてETCカードを発行しましょう。

以下、それぞれのデビットカードの基本情報や特徴について見ていきしょう。

年会費無料!北國VISAクラシックデビット

北國VISAクラシックデビット
基本還元率0.5%
年会費無料
国際ブランドVISA
ETCカード無料
家族カード無料
北國VISAクラシックデビットのメリット
  • 世界中のありとあらゆるVisa加盟店で決済ができる
  • 貯まったポイントは北陸エリアの4,200店舗で使える
  • 15歳〜作成できる
  • プラスサービス機能、カードローン機能なしのタイプなら審査なしで発行可能
  • プラスサービス機能、カードローン機能付きタイプなら借入もできる
  • 本カードのみならず、ETCカード、家族カードも完全無料

北國VISAクラシックデビットの最大の魅力は完全無料で持てること

なんといっても、北國VISAクラシックデビットの最大の魅力は、以下のカードを全て完全無料で持てることです。

  • 本カード
  • ETCカード
  • 家族カード

デビットカードの場合は本来、そもそもETCカードを発行すること自体ができませんが、北國VISAクラシックデビットならETCカードの他、家族カードまでを無料で作成できます。

これは他のありとあらゆるデビットカードの追随を許さない魅力と言えるでしょう。

ゴールド級の北國VISAゴールドデビット

北國VISAゴールドデビット
基本還元率1%
年会費初年度:無料
2年目以降:5,000円(税抜)
国際ブランドVISA
ETCカード無料
家族カード無料
北國VISAゴールドデビットのメリット
  • 基本還元率が高い
  • 世界中のありとあらゆるVisa加盟店で決済ができる
  • 貯まったポイントは北陸エリアの4,200店舗で使える
  • 15歳〜作成できる
  • プラスサービス機能、カードローン機能なしのタイプなら審査なしで発行可能
  • プラスサービス機能、カードローン機能付きタイプなら借入もできる

北國VISAゴールドデビットならいつでもどこでも1%還元

北國銀行のデビットカードはクラシックとゴールドの2種類がありますが、ゴールドデビットならではのアドバンテージは、いつでもどこでも1%の還元が享受できることです。

還元率はクラシックの2倍なので、ゴールドデビットならクラシックの倍速で節約効果が上がります。

  • 北國VISAクラシックデビット:0.5%
  • 北國VISAゴールドデビット:1%

ただし、北國VISAゴールドデビットは2年目以降、5,000円(税抜)の年会費がかかる点には注意が必要です。

消費税10%計算でいくと年会費は5,500円なので、損益分岐点としては年間550,000円のカード利用を見込めるかどうかです。

つまり、1ヶ月あたり45,000円以上のカード利用をイメージできるようであれば、迷うことなくクラシックよりもゴールドを選択した方が良いでしょう。

審査に不安の方でも安心!間口が広いクレジットカードでETCカードを発行する!

審査がそこまで厳しくないクレジットカードってどこかにないの?」と思われている方におすすめしたいのが、以下のようなクレジットカードです。

  • ライフカード(デポジット型)
  • ライフカード(年会費有)
  • セディナカードJiyu!da!

これらは比較的間口が広いカードであり、その他のクレジットカードの審査で落ちてしまった方も、目を向けてみる価値があります。

以下、それぞれのクレジットカードの基本情報やメリット、審査についてまとめていきますよ。

デポジットだから安心!ライフカード(デポジット型)

年会費有料タイプのライフカード
基本還元率通常:0.5%~
初年度:0.75%~
誕生月:1.5%~
年会費5,000円(税抜)
※デポジットとして10万円(税抜)
国際ブランドMasterCard
ETCカード無料
家族カード
ライフカード(デポジット型)のメリット
  • 10万円のデポジットを預けることで、審査通過率が飛躍的に高まる
  • 年間利用額に応じて還元率がアップ
  • 年間50万円以上のカード利用でボーナスポイントを享受できる
  • 毎年の誕生月はポイント3倍
  • 貯まったポイントは手数料なしでANAマイルに交換できる
  • L-Mallの経由でネット通販がお得
  • 電子マネーiDが付帯

10万円をデポジットとして預ける分、ETCカードを含めて審査通過はほぼ間違いなし

ライフカードデポジット型-lpクレジットカードが作れない人の最後の手段!

ライフカード(デポジット型)を発行する為には、デポジットとして10万円を預ける必要があります。

え!?10万円?」と驚かれる方もいるかもしれませんが、以下の2点を踏まえると、そこまで悪い条件ではないと思えるのではないでしょうか。

  • ライフカード(デポジット型)解約時に10万円は返金される
  • デポジットを預けることで、審査通過はほぼ確定

他のクレジットカードの審査をどうしてもクリアできない!

このように思われている方にとって、ライフカード(デポジット型)はありがたい1枚と言えるでしょう。

ETCカードは年会費無料で持てる為、あなたに希望を満たしてくれるカードとなりますよ。

デザインは通常のライフカードと全く同じなので、周囲にバレることもなく安心です。

\デポジットだから審査も安心/
公式サイトで詳しく見る »

年会費有料版!ライフカード(年会費有)

年会費有料タイプのライフカード
基本還元率通常:0.5%~
初年度:0.75%~
誕生月:1.5%~
年会費5,000円(税抜)
国際ブランドMasterCard
ETCカード無料
家族カード無料
ライフカード(年会費有)のメリット
  • 5,000円の年会費を支払うことで、審査のハードルが低くなる
  • 年間利用額に応じて還元率がアップ
  • 年間50万円以上のカード利用でボーナスポイントを享受できる
  • 毎年の誕生月はポイント3倍
  • 貯まったポイントは手数料なしでANAマイルに交換できる
  • L-Mallの経由でネット通販がお得
  • 電子マネーiDが付帯

5,000円の年会費を支払うことで、特別な基準で審査を受けられる

ライフカード(年会費有)の基本的なスペックは、年会費無料のライフカードと同様です。

鋭い方ならすでにお気づきかもしれませんが、この年会費を支払うことによって、他のライフカードよりも審査をクリアしやすくなるという利点があります。

具体的には、他のライフカードとは異なり、ライフカード(年会費有)の審査には以下のような特徴があります。

ライフカードの年会費有料の独自審査内容公式サイトでも延滞した人でも独自審査してくれると記載あり
  • 独自の審査基準を用いて一人ひとり個別に審査
  • 過去に延滞がある方でもエントリー可能

ご覧の通り、他のクレジットカードの審査でつまずいてしまっている方にとって、5,000円(税抜)の年会費は妥当と言えるのではないでしょうか。

正直、過去に金融事故等がある方はあまりこの年会費有料ライフカードの審査に通過していないのが現状です(デポジット型が登場した為)。なので、自信がない方は先に紹介したデポジット型のライフカードを選択しましょう。

もちろん、100%審査に通過できるわけではありません。現段階で延滞などがある方は、支払いをキレイに済ませてから審査に臨む方が良いでしょう。

\審査に多少自信がある方に!/
公式サイトで詳しく見る »

審査の間口が広い!セディナカードJiyu!da!

セディナカードJiyu!da!
基本還元率一般加盟店:0.5%
セブンイレブン・ダイエー・イオン:1.5%
藤田観光グループ:2.5%
年会費無料
国際ブランドVISA/MasterCard/JCB
ETCカード年会費無料
新規発行手数料:1,000円(税抜)
家族カード無料
セディナカードJiyu!da!のメリット
  • 年間利用額に応じてポイント還元率がアップ
  • セブンイレブンやダイエー、イオンなどで1.5%還元
  • 藤田観光グループで2.5%還元
  • 毎週日曜はマルエツで5%オフ
  • 国内旅行傷害保険が付帯
  • ショッピング保険が付帯
  • QUICPayやiDが使える
  • セディナポイントモールの経由でネット通販がお得
  • 三井住友銀行のATM手数料が無料

セディナカードJiyu!da!はリボ払い専用カード

セディナカードには数種類のクレジットカードがありますが、その中でもセディナカードJiyu!da!はリボ払い専用カードです。

当然ながら、手数料が発生するリボ払いの方が、クレジットカード会社にとっては利益を得やすいため、セディナカードJiyu!da!の審査はその他のカードより優遇されやすいと考えることができます。

えー!リボ払いのカードはさすがに抵抗があるなぁ。」と思われる方もいるかもしれませんが、初回請求時の手数料は無料となっている点に注目です。

つまり、カードの利用金額とリボ払いの毎月の支払額を同額に設定しておけば、手数料負担を被ることなく、セディナカードJiyu!da!を使いこなすことができるのです。

もちろん、いくらセディナカードJiyu!da!の審査がそこまで厳しくないと言っても、以下のような方が審査に臨むとなると、ハードルが高くなってしまうのは言うまでもありません。

  • 消費者金融のカードローン残債がある方
  • 他社のクレジットカードで限度額いっぱいまでリボ払いを利用している方

\今なら最大15,000円相当がもらえる/

公式サイトで詳しく見る »

個人の最終手段はETCパーソナルカード

デポジット20,000円〜80,000円
年会費1,143円(税抜)
割引休日割引:30%
平日朝夕割引:50%
深夜割引:30%

カードの詳細を見る »

どうしてもクレジットカードの審査が通らない!
クレジット機能なしのETCカードにこだわりたい!」 »

このように思われている個人の方の最終手段としては、ETCパーソナルカードがおすすめです。

具体的にはどんなETCカード?」と思われている方もいることと思いますので、ここではETCパーソナルカードの詳細について理解を深めていきましょう。

最大のメリットは実質年会費のみで持てること

ETCパーソナルカードの最大のメリットとしては、実質年会費のみで持てることです。

確かに入会時には最低20,000円のデポジットが必要となりますが、こちらはETCパーソナルカードの解約時にきちんと返金されますので、実際に負担する金額ではありません。

なお、必要なデポジットは以下の通り、有料道路の平均利用月額の4倍を預けるシステムとなっています。

有料道路の平均利用月額デポジット
5,000円20,000円
10,000円40,000円
15,000円60,000円
20,000円80,000円

あくまでもETCパーソナルカードを利用する上で必要なのは、年会費の1,143円(税抜)のみと考えれば、比較的気持ちが楽になるのではないでしょうか。

もちろん、ETCパーソナルカードでは、一般的なETCカードと同様の割引を享受できる上、マイレージサービスの利用でポイントを貯めることもできますよ。

ETCパーソナルカードのデメリット

ETCパーソナルカードを発行する前に理解しておきたいデメリットは以下の通りです。

  • デポジットが必要
  • 年会費が必要
  • クレジット決済はできない(クレジットのポイントが貯まらない)

デポジットはETCパーソナルカードを解約する時にきちんと返金されるため、大きなデメリットにはなりませんね。また、年会費もそこまで高額というわけではありません。

注意したいのはやはり、クレジット決済ができず、通常のショッピングには利用できないという点です。

ただし、こちらに関してはクレジットカードを発行できないとなると仕方がないため、目を瞑るしかありません。

クレジット決済ができない分、マイレージサービスの利用でしっかりとポイントを集め、少しでも節約効果を高めていけると良いですね。

ETCパーソナルカードの作り方は『【個人でも持てる!】ETCパーソナルカードの作り方・発行期間・デポジットを解説!』の記事で更に詳しく紹介しています。

【個人でも持てる!】ETCパーソナルカードの作り方・発行期間・デポジットを解説!
【個人でも持てる!】ETCパーソナルカードの作り方・発行期間・デポジットを解説!ETCパーソナルカードの作り方や発行までにかかる期間について詳しく解説しています。クレジットカードの審査に通らない人やクレジットカードを持ちたくない人にとってETCカードの発行は悩みますよね。そこで、個人でもクレジットなしで持てるETCパーソナルカードを作るという選択肢があります。当記事では、ETCパーソナルカードの作り方から発行期間、気になるデポジットについてわかりやすく解説しています。...

先払い等のプリペイド式ETCカードは存在しない

デビットカードではなく、プリペイド式のETCカードはないんですか?」と気になっている方もいるかもしれません。

しかし残念ながら、先払い式のプリペイド型ETCカードというのも存在しません。

  • クレジットカードのETCカード:実に様々な種類がある
  • デビットカードのETCカード:ほぼ存在しない(北國銀行のみ例外)
  • プリペイド式のETCカード:存在しない

ご覧の通り、やはり一般的には、クレジットカードからの紐付けでETCカードを作成する必要があるということですね。

プリペイド式ETCカードがない理由

どうしてプリペイド式のETCカードが存在しないのでしょう?」という疑問をお持ちの方がいるかもしれません。

こちらに関してですが、デビットカードのETCカードが存在しない理由と同様です。

プリペイドはあらかじめチャージされた残高から即引き落としがかかるシステムであり、仮に残高不足が生じてしまった場合、料金所のバーが開かないという最悪の事態を招いてしまいます。

チャージ金額が不足する度に精算を行えば後続車両に迷惑がかかる

仮にプリペイド式のETCカードが採用されたとしても、以下のような点を踏まえると、やはりETCレーンで使うカードとしては相性が悪いです。

  • ETCカードは車載器に装着したままのことが多く、事前のチャージを失念しやすい
  • チャージ金額が不足する度に精算を行えば、後続車両に迷惑がかかる

残高が不足していて料金所のバーが開かなければ、そこで渋滞が起こるだけでなく、最悪の場合は後続の車両と衝突してしまう可能性もありますよね。

このように考えるとやはり、利用額が後日に請求されるクレジットカードからの紐付けでないと、ETCカードを適用するのは難しいのです。

個人事業主や法人ならETC法人カードもあり!

個人事業主や法人の場合は、以下のようなETC法人カードを利用するという方法もあります。

  • 法人ETCカード(高速情報協同組合)
  • 法人ETCカード(ETC協同組合)
  • ETCコーポレートカード

これらのETC法人カードは、各種手数料がかかる分、一般的なETCカードよりはコストがかさみます。

しかし、クレジット機能がない分、審査のハードルは低く経費の管理がしやすいなどのメリットがあります。

以下、それぞれのETC法人カードの特徴を見てみましょう。

法人ETCカード(高速情報協同組合)

法人ETCカード
出資金10,000円
カード発行手数料500円(税抜)
取扱手数料500円(税抜)/年1回
走行金額に対する手数料8%
割引率休日割引:30%
平日朝夕割引:50%
深夜割引:30%
法人ETCカード(高速情報協同組合)のメリット
  • 30%〜50%の割引を享受できる
  • カード発行手数料が安い
  • 取扱手数料が安い
法人ETCカード(高速情報協同組合)のデメリット
  • 走行金額の8%が手数料としてかかる

 

法人ETCカード(ETC協同組合)

法人ETCカード
出資金10,000円
カード発行手数料800円(税抜)
年間手数料800円(税抜)/年1回
走行金額に対する手数料マイレージサービスなし:5%
マイレージサービスあり:8%
割引率休日割引:30%
平日朝夕割引:50%
深夜割引:30%
法人ETCカード(ETC協同組合)のメリット
  • 30%〜50%の割引を享受できる
  • マイレージなしのタイプの場合、走行距離に対する手数料が5%で済む
法人ETCカード(ETC協同組合)のデメリット
  • カード発行手数料が高い
  • 年間手数料が高い

 

ETCコーポレートカード

ETCコーポレートカード
出資金10,000円(税抜)
カード発行手数料572円(税抜)
取扱手数料572円(税抜)
走行金額に対する手数料
割引率①車両単位割引:〜40%
②契約単位割引:5%
ETCコーポレートカードのメリット
  • 車両単位割引と契約単位割引の2つの割引が適用される
  • 走行金額に対する手数料はかからない
ETCコーポレートカードのデメリット
  • ETCマイレージサービスは利用できない
  • 登録された車両限定の割引のため、レンタカーなどで割引を享受できない

 

デビットカードでもETCカードが作れるようになるべき

本記事で紹介した通り、デビットカードでETCカードを発行することは原則不可能です。

ただし、北國エリア限定で、北國銀行の口座を持っている方であれば、ETCカードを作成することができます。

その他、なかなかクレジットカードの審査をクリアすることができないような方には、以下のようなカードに目を向けて見るのもおすすめです。

  • ライフカード(デポジット型)
  • ライフカード(年会費有)
  • セディナカードJiyu!da!

また、クレジット機能なしのカードでも構わないのであれば、以下のような法人カードを作成するのも良いでしょう。

  • ETCパーソナルカード(個人用)
  • 法人ETCカード(高速情報協同組合)
  • 法人ETCカード(ETC協同組合)
  • ETCコーポレートカード

今後は北國銀行のように、ETCカードを利用する時にだけ後日請求がかかるような仕組みを採用する銀行が増えていけば、クレジットカードを作成できない人は非常に助かりますよね。

残念ながら現時点では、北國エリアの方しかデビットカードのETCカードは作成できませんが、その他の地域の方々は、今後の展開に期待しましょう。

年会費有料タイプのライフカード

\ETCを確実入手!/
公式サイトで詳しく見る »

 

即日発行ができるETCカード5選|当日に無料で発行できるETCカードや店舗はどこ?
即日発行ができるETCカード5選|当日に無料で発行できるETCカードや店舗はどこ?ETCカードを即日発行する方法をまとめています。ETCカードを即日発行するには即日発行が可能なクレジットカードと合わせて発行しないといけません。イオンカードをすでに持っている場合であれば、イオンカードカウンターでその日のうちにETCカードを発行してもらうことができます。一方で、クレジットカードも合わせて発行する場合はセゾンカード系しかありません。そんなETCカードの即日発行する方法を詳しく解説していきます。...
ETCのロゴ
【初心者向け】ETCカードの作り方と使い方を丁寧に解説!申込手順を知ってETCカードを活用しよう!ETCカードの基本的な作り方や申込みの流れを解説しています。ETCカードはクレジットカードを発行した上で作るのが基本ですが、クレジットカードを作れない方でもETCカードを発行する方法があります。ここでは、ETCカードの作り方から受け取りまで、またクレジットカードを作れない方向けや法人のETCカードについてまで作り方と使い方を詳しく解説しています。...
ETCカードは個人事業主でも作れる!起業間もない個人事業主・法人でも発行できるETCカードを紹介
ETCカードを個人事業主でも作る方法|起業間もない個人事業主・法人でも発行できるETCカードを紹介世間的に信用の低い個人事業主でもETCカードを発行することができます。もちろんクレジットカードに付帯しているETCカードも発行できますが、個人事業主でなかなか審査に通らない方はETCパーソナルカードやETC法人カードも選択肢の一つです。それぞれ、どんなETCカードなのかを詳しく紹介しています。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です