» おすすめなステータスカードはコチラへ

信頼度が別格!三井住友VISAゴールドカードはステータス抜群|モテるカードとはこのカードのことだ!

とにかく信頼度の高いクレジットカードを持ちたい!

このように思われている方にまず目を向けていただきたいのが三井住友VISAカードです。

中でもとりわけ輝きを放つのが、三井住友VISAゴールドカードです。

ここでは、この三井住友VISAゴールドカードのステータス性や魅力について徹底解説をしていきたいと思います。

以下の内容を読み進めていただければ、三井住友VISAゴールドカードがモテるカードと言われている所以がお分かりいただけることでしょう。

  1. 三井住友VISAゴールドカードのステータス度は高い
    1. 三井住友VISAゴールドカードは誰もが知ってる信頼度の高い1枚
    2. 三井住友VISAゴールドカードは申し込み制のカードで入手しやすい
    3. 20代は三井住友VISAプライムゴールドカードから作成する
  2. 三井住友VISAゴールドカードの持つメリット・魅力は多い
    1. 新規入会キャンペーンで漏れなく利用額の20%プレゼント
    2. タダちゃんで上限10万円までの買い物が無料
    3. 各コンビニやマクドナルドはポイント5倍
    4. ポイントUPモールの経由でネット通販がお得
    5. ココイコの利用でリアル店舗がお得
    6. セキュリティに優れている
    7. ドクターコール24が利用できる
    8. 空港ラウンジが利用できる
    9. 充実の旅行傷害保険が付帯
    10. ショッピング補償が付帯
    11. 電子マネーのiDが無料で利用できる
    12. 三井住友銀行のATM手数料が無料
    13. 三井住友VISAプラチナカードへのインビテーションが届く
  3. 三井住友VISAゴールドカード利用者の口コミ/評判
    1. 口コミ①|三井住友VISAゴールドカードはデートの必須アイテム
    2. 口コミ②|三井住友VISAゴールドカードはデザインがカッコいい
    3. 口コミ③|三井住友VISAゴールドカードのユーザーは空港で快適に過ごせる
  4. 三井住友VISAゴールドカードの入手方法
    1. 直接申し込みする
    2. インビテーションを受ける
    3. 他の三井住友VISAカードから切り替える
  5. 信頼度が別格の三井住友VISAゴールドカードを持とう!
  6. 三井住友VISAゴールドカードまとめ

三井住友VISAゴールドカードのステータス度は高い

三井住友VISAゴールドカード

還元率 0.5~1.5%
年会費 初年度:無料
2年目以降:10,000円(税抜)
国際ブランド VISA/MasterCard
ETCカード 500円(税抜)
※年に1度のカード利用で無料
家族カード 初年度:無料(1枚目のみ)
2枚目以降/2年目以降:1,000円(税抜)
※前年に3回以上カード利用があれば無料

三井住友VISAゴールドカードはゴールドカードであるにもかかわらず、初年度無料で持つことができます。

2年目以降は10,000円(税抜)の年会費がかかりますが、WEB明細やマイ・ペイすリボを活用することで、最大で4,000円(税抜)にまでランニングコストを軽減することができます。非常にお得感がありますね。

2年目以降の年会費 10,000円(税抜)
WEB明細の利用および年6回以上のカード利用 9,000円(税抜)
マイ・ペイすリボの利用 5,000円(税抜)
WEB明細の利用および年6回以上のカード利用
マイ・ペイすリボの利用
4,000円(税抜)

三井住友VISAゴールドカードは誰もが知ってる信頼度の高い1枚

三井住友VISAゴールドカードといえば、もはや知らない人を探す方が難しいほどに知名度があります。

また、銀行系のクレジットカードに分類されるということもあり、その信頼度とステータス性は抜群と言っても良いでしょう。

外で使っても恥ずかしくないカードを持ちたい!

カード1枚でステータス性をアピールしたい!

このように思われている方々にぴったりなのが、三井住友VISAカードなのです。

三井住友VISAゴールドカードは申し込み制のカードで入手しやすい

三井住友VISAゴールドカードってなんだか入手が難しそう。

このように思われている方もいるかもしれませんね。

ところが、意外なことに、三井住友VISAゴールドカードは実は申し込み制のクレジットカードであり、比較的入手しやすい1枚なのです。

したがって、三井住友VISAゴールドカードは、以下のような条件を満たしている方であれば、問題なく作成できると考えて良いでしょう。

  • 満30歳以上である
  • 安定した収入がある(目安として年収300万円以上)
  • クレヒスに大きな傷がない
  • 申請情報に問題や虚偽の記載がない

20代は三井住友VISAプライムゴールドカードから作成する

三井住友VISAプライムゴールドカード

還元率 0.5~1.5%
年会費 初年度:無料
2年目以降:5,000円(税抜)
国際ブランド VISA/MasterCard
ETCカード 500円(税抜)
※年に1度のカード利用で無料
家族カード 初年度:無料(1枚目のみ)
2枚目以降/2年目以降:1,000円(税抜)
※前年に3回以上カード利用があれば無料

じゃあ早速、三井住友VISAゴールドカードを作成したい!」と思われる方もいるかもしれませんが、もしあなたが20代の方であれば、まずは三井住友VISAプライムゴールドカードから作成することになります。

三井住友VISAゴールドカードと三井住友VISAプライムゴールドカードの特典の差は以下の通り、そこまで大きくはありません。

特典内容 三井住友VISAゴールドカード 三井住友VISAプライムゴールドカード
年会費 10,000円(税抜) 5,000円(税抜)
カードのショッピング枠 70万円〜200万円 50万円〜200万円
ポイントの有効期限 3年 2年
情報誌『VISA』の無料購読 対象 非対象

むしろ年会費の部分に着目すると、人によってはむしろ三井住友VISAプライムゴールドカードの方が良いと思う方も多いのではないでしょうか。

ちなみに三井住友VISAプライムゴールドカードでも年会費の軽減をすることができますので、以下の内容も合わせて参考にしてみてください。

2年目以降の年会費 5,000円(税抜)
WEB明細の利用および年6回以上のカード利用 4,000円(税抜)
マイ・ペイすリボの利用 2,500円(税抜)
WEB明細の利用および年6回以上のカード利用
マイ・ペイすリボの利用
1,500円(税抜)

三井住友VISAゴールドカードの持つメリット・魅力は多い

三井住友VISAゴールドカードはステータス性に優れただけのカードではありません。

以下の通り、数え切れないほどのメリットを享受することができ、カードユーザーに確かな満足度を与えてくれることでしょう。

  • 新規入会キャンペーンで漏れなく利用額の20%プレゼント
  • タダちゃんで上限10万円までの買い物が無料
  • 各コンビニやマクドナルドはポイント5倍
  • ポイントUPモールの経由でネット通販がお得
  • ココイコの利用でリアル店舗がお得
  • セキュリティに優れている
  • ドクターコール24が利用できる
  • 空港ラウンジが利用できる
  • 充実の旅行傷害保険が付帯
  • ショッピング補償が付帯
  • 電子マネーのiDが無料で利用できる
  • 三井住友銀行のATM手数料が無料
  • 三井住友VISAプラチナカードへのインビテーションが届く

三井住友VISAゴールドカードのそれぞれのメリットの内容が気になりますね。

早速、各項目ごとに解説を加えていきますよ。

新規入会キャンペーンで漏れなく利用額の20%プレゼント

三井住友VISAカードで20%キャッシュバック

漏れなく

世の中には実に様々なキャンペーンが存在しますが、この言葉を含むキャンペーンほど魅力的なものはありません。

三井住友VISAゴールドカードでは、以下の内容の新規入会キャンペーンが展開されています。

対象期間 2019年3月1日~2019年5月31日カードお申し込み分まで
条件 以下の条件すべて満たす
・キャンペーン期間中に新規で三井住友VISAゴールドカードに入会する
・カード入会月の3ヵ月後末までに、Vpassアプリへログインする
・カード入会月の3ヵ月後末までに、カード決済(iD含む)を利用する
特典内容 利用金額の20%(最大10,000円)プレゼント

計算の早い方であればお気づきの通り、対象期間内にクレジット決済もしくはiDで50,000円の利用があれば、本キャンペーンの最大額である10,000円をゲットすることができます。

抽選ではなく、漏れなくプレゼントされるとなれば、エントリーしない理由はないですよね。

タダちゃんで上限10万円までの買い物が無料

三井住友VISAカードタダチャン

こちらは抽選のキャンペーンですが、最大10万円という太っ腹な仕様です。

早速、タダチャンの詳細をみてみましょう。

対象期間 2019年3月1日(金)〜5月31日(金)
条件 以下の条件を満たす
・2019年3月1日(金)以降に新規で対象の三井住友VISAゴールドカードを申し込む(カードの種類を切り替えた場合は非対象)
・対象期間内にVpassアプリへログインする
・対象期間内に三井住友VISAゴールドカードで決済をする
内容 キャンペーン期間中における三井住友VISAゴールドカードの買物利用が、抽選で50回に1回の確率で無料(上限10万円まで)になる

50回に1回。つまり、あなたのショッピングが2%の確率で無料になるということです。

タダチャンは以下の通り、合計で13回のチャンスがあり、一人の方が複数回当選することもあり得ます。

当選通知日 特典付与
支払い日
10日 26日
3月15日 5月10日 5月26日
3月22日
3月29日
4月5日 6月10日 6月26日
4月12日
4月19日
4月26日
5月3日 7月10日 7月26日
5月10日
5月17日
5月24日
5月31日
6月7日 8月10日 8月26日

当選通知日はキャンペーン期間中の毎週金曜日。

特典付与日(カード利用代金に充当)は当選通知日の翌々月のカード支払い日です。

ぜひあなたもタダチャンのキャンペーンを意識した上で、三井住友VISAゴールドカードを使ったショッピングを楽しんでみてくださいね。

各コンビニやマクドナルドはポイント5倍

各コンビニやマクドナルドはポイント5倍

三井住友VISAゴールドカードの基本還元率は0.5%ですが、以下の店舗での利用においては、なんと5倍の2.5%の還元率を得ることができます。

  • セブンイレブン
  • ファミリーマート
  • ローソン
  • マクドナルド

利用頻度の高いコンビニやマクドナルドでポイントが5倍に跳ね上がるのは嬉しいですね。ちなみにこちらは前述の20%還元キャンペーンやタダチャンとは異なり、無期限で利用可能な特典です。

このポイント5倍サービスはクレジット決済はもちろん、iDやApple Payでの支払い、家族カードの利用も対象となっていますよ。

ポイントUPモールの経由でネット通販がお得

ポイントUPモール

三井住友VISAゴールドカードのユーザーは、会員専用サイトの『ポイントUPモール』を経由することで、モール経由分のボーナスポイントを上乗せで獲得できます。

どんな店舗が対象となっているのかみてみましょう。

合計で得られる還元率 対象店舗
1%
  • Amazon
  • 楽天市場
  • Yahoo!ショッピング
  • ベルメゾンネット
  • DHCオンラインショップ
  • Apple Store
  • TSUTAYAオンライン
  • じゃらん
  • ジーユーオンラインストア
1.5%
  • LOHACO
  • ニッセン
  • イトーヨーカドーネットスーパー
  • FANCL
  • ビックカメラ.com
  • JTB
  • マルイウェブチャネル
  • i LUMINE
特に優遇
  • セブンネットショッピング(2%)
  • グルーポン(2%)
  • マツモトキヨシ(2.5%)
  • 爽快ドラッグ(2.5%)
  • JINS(3%)
  • エクスペディア(3%)
  • BookLive!(5.5%)

Amazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングなどが網羅されている時点で、ポイントUPモールが非常に使い勝手の良いサイトであることがわかりますね。

ポイントUPモールでは常にどこかしらの店舗でキャンペーンが展開されているため、タイミング次第では、あなたのお気に入りの店舗で還元率が跳ね上がっている場面に出くわすかもしれませんよ。

ココイコの利用でリアル店舗がお得

ココイコ

三井住友VISAゴールドカードのユーザーは、会員専用サイトの『ココイコ!』で事前にエントリーを済ませておくことで、リアル店舗においても還元率の上乗せを享受できます。

ココイコ!で対象となっている店舗は以下の通りです。

ポイント還元とキャッシュバックのいずれかを選択することができますよ。

店舗名 ポイント還元の場合 キャッシュバックの場合
ワタミグループ 合計で1% 0.5%
びっくりドンキー 合計で1% 0.5%
ビックカメラ 合計で1% 0.5%
高島屋 合計で1.5% 1%
大丸 合計で1.5% 1%
松坂屋 合計で1.5% 1%
渋谷ヒカリエ 合計で1.5% 1%
三井アウトレットパーク 合計で1.5% 1%
東急ハンズ 合計で1.5% 1%
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン 合計で1.5% 1%
洋服の青山 合計で2% 1.5%
AOKI 合計で3% 2.5%

ポイント還元とキャッシュバックのどちらを選択しても、トータルで得られる節約効果に差はありませんから、あまり深く考えずに選ぶと良いでしょう。

セキュリティに優れている

三井住友カードはアジアパシフィック圏内において唯一、VISAインターナショナルよりそのセキュリティの高さを表彰されているカードです。

気になるそのセキュリティ内容は以下の通りです。

セキュリティの名称 セキュリティの内容
ワンタイムパスワード 本人認証において、一度限りしか発行されないパスワード。
ワンタイムパスワードはアプリで取得でき、覚える必要もなく、不正利用のリスクもほぼない。
顔写真入りのクレジットカード 希望者のみ、クレジットカードの裏面に顔写真を入れることが可能。
これにより、仮に盗難や紛失にあったとしても、不正利用されるリスクが激減。
VpassID安心サービス ネットショッピングでIDやパスワード、またはカード番号を不正使用され、損害を受けた場合、届出日から60日前にさかのぼって補償される。
24時間365日の不正検知システム セキュリティ専門の部署によって、独自の不正検知システムが24時間365日稼働。
全世界のカード利用のトランザクションをチェックしているため、不正利用はほぼ不可能。

ここまでセキュリティが整っていれば、不正利用を懸念するストレスはほぼなくなることでしょう。

三井住友VISAゴールドカードは、クレジットカードの保持においてとにかく安心感を得たいという方に抜群の1枚だと言うことですね。

ドクターコール24が利用できる

三井住友VISAゴールドカードのユーザーは、24時間年中無休で医師に無料の電話相談ができるようになります。

他の会社のクレジットカードの場合、ゴールドカードやプラチナカードといったランクのカードでも、医師の無料相談が付帯していないものがほとんど。

この点を踏まえると、三井住友VISAゴールドカードを保有しておくことで、緊急時でもすぐに医師に相談できるという安心感が得られるのは嬉しいですね。

空港ラウンジが利用できる

三井住友VISAゴールドカードのユーザーは、全国の主要空港ラウンジを自由に使うことができます。対象となっている空港ラウンジは以下の通りです。

空港名 ラウンジ名
新千歳空港 スーパーラウンジ・ロイヤルラウンジ
函館空港 ビジネスラウンジ『A Spring』
青森空港 エアポートラウンジ
秋田空港 ロイヤルスカイ
仙台空港 ビジネスラウンジ
羽田空港 Sky Lounge
第1ターミナルエアポートラウンジ/POWER LOUNGE
第2ターミナルエアポートラウンジ/POWER LOUNGE
成田国際空港 ビジネス&トラベルサポートセンター内ラウンジ
T.E.Iラウンジ
新潟空港 エアリウムラウンジ
富山空港 ラウンジらいちょう
中部国際空港 プレミアムラウンジセントレア
小松空港 スカイラウンジ白山
伊丹空港 ラウンジオーサカ
関西国際空港 比叡・六甲・アネックス六甲・金剛
神戸空港 ラウンジ神戸
岡山空港 ラウンジマスカット
広島空港 ビジネスラウンジもみじ
米子空港 ラウンジDAISEN
山口宇部空港 きらら
高松空港 ラウンジ讃岐
松山空港 ビジネスラウンジ・スカイラウンジ
徳島空港 エアポートラウンジヴォルティス
北九州空港 ラウンジひまわり
福岡空港 くつろぎのラウンジTIME
長崎空港 ビジネスラウンジアザレア
大分空港 ラウンジくにさき
熊本空港 ラウンジ『ASO』
鹿児島空港 スカイラウンジ菜の花
那覇空港 ラウンジ華〜hana〜

ここまで幅広い空港ラウンジが網羅されているとなると、早く次の旅に出かけたくてうずうずしてしまう方もいるのではないでしょうか。

空港ラウンジを利用できるかどうかは、旅の満足度に大きな影響を与えます。

とにかく旅行が大好きという方であれば、空港ラウンジ無料特典はぜひおさえておきたいメリットですね。

充実の旅行傷害保険が付帯

三井住友VISAゴールドカードのユーザーは、国内外において以下の旅行傷害保険の付帯を受けることができます。

海外旅行保険
保険の内容 会員の補償額 会員の家族の補償額
傷害死亡・後遺障害 5,000万円
(内自動付帯1,000万円)
1,000万円
傷害治療費用 300万円 200万円
疾病治療費用 300万円 200万円
賠償責任 5,000万円 2,000万円
携行品損害
(自己負担3,000円)
50万円 50万円
救援者費用 500万円 200万円
国内旅行保険
保険の内容 補償額
傷害死亡・後遺障害 5,000万円
(内自動付帯1,000万円)
入院費用 5,000円/日
手術費用 5万/10万/20万
通院費用 2,000円/日

ご覧の通り、海外旅行傷害保険においては、カード会員の家族にまで補償が及ぶ点が秀逸ですね。

旅先ではいつどのようなトラブルに巻き込まれるかわかりません。

この点を踏まえて考えるのであれば、旅行好きな方がこうした旅行保険を備えておくのは必須事項と言えるのではないでしょうか。

ショッピング補償が付帯

三井住友VISAゴールドカードのユーザーは、以下の内容のショッピング補償を利用付帯で享受することができます。

補償額 年間最大300万円
補償期間 購入日から90日以内
対象となる支払い方法 国内外問わず、全ての支払いに対して適用
自己負担 3,000円/件

非ゴールドカードの場合、国内では3回以上の分割払いかリボ払いでなければ保険がおりませんが、三井住友VISAゴールドカードなら、全ての支払いが保険適用の対象となります。

比較的高価な商品を購入する際には、しっかりと三井住友VISAゴールドカードで決済をしておきたいですね。

電子マネーのiDが無料で利用できる

三井住友VISAゴールドカードのユーザーは、電子マネーのiDを無料で利用することができます。iDはありとあらゆる場面で決済が可能です。

人によっては、iDを導入するだけで、現金を持ち歩かなくて済むようになる方もいることでしょう。

iDはどんな店舗で使えるんですか?

という声が聞こえてきそうなので、iDが適用できる主な店舗をリストアップしておきますね。

  • セブンイレブン
  • デイリーヤマザキ
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • ローソン
  • マックスバリュ
  • まいばすけっと
  • イトーヨーカドー
  • イオンモール
  • 牛角
  • はま寿司
  • ガスト
  • フォルクス
  • バーミヤン
  • マクドナルド
  • 白木屋
  • 和民
  • 魚民
  • 安安
  • はなの舞
  • ツルハドラッグ
  • スギ薬局
  • ジャパン
  • コジマ
  • ジョーシン
  • ビックカメラ
  • ヨドバシカメラ
  • タワーレコード
  • AOKI
  • 洋服の青山
  • 東京ドームシティ
  • ENEOS
  • エッソ/モービル/ゼネラル
  • ANA FESTA
  • 関西国際空港
  • 快活CLUB
  • ビッグエコー
  • シダックス
  • ルートインホテルズ
  • Amazon
  • オリックスレンタカー

電子マネーはクレジット決済以上に支払いがスムーズです。

ぜひあなたもこの機会に、電子マネーiDにデビューしてみてはどうでしょうか。

三井住友銀行のATM手数料が無料

三井住友VISAゴールドカードのユーザーは、三井住友銀行のSMBCポイントパック契約口座を三井住友カードの決済口座にすることで、三井住友銀行のATMを手数料なしで利用できます。

また、三井住友銀行だけでなく、以下のようなATMにおいても、月に4回までなら手数料無料となります。

  • セブン銀行
  • イーネット(ファミリーマート/ポプラなど)
  • ゆうちょ銀行
  • ローソン

ここまで条件が整っていれば、毎月ATM利用手数料を被ることなく、お金の管理ができそうですね。

三井住友VISAプラチナカードへのインビテーションが届く

三井住友VISAプラチナカード

還元率 0.5%
年会費 50,000円(税抜)
国際ブランド VISA/MasterCard
ETCカード 無料
家族カード 無料

三井住友VISAゴールドカードを継続的に活用していれば、三井住友VISAプラチナカードへのインビテーションが届く可能性があります。

プラチナカード。

なんとも素敵な響きですよね。

三井住友VISAゴールドカードと比較した時に際立つ三井住友VISAプラチナカードならではの主なメリットは以下の通りです。

  • 6ヶ月間以内に50万円以上のカード利用でVJAギフトカードがもらえる
  • メンバーズセレクションで年に1度、好きなプレゼントがもらえる
  • プライオリティパスが無料で取得できる
  • コンシェルジュサービスを利用できる
  • プラチナグルメクーポンで高級レストランのコース料理が1名分無料
  • USJの三井住友カードラウンジを利用できる
  • 大丸東京店のラウンジを利用できる
  • プラチナホテルズの優待を享受できる
  • 旅行傷害保険がさらにグレードアップ(最大1億円)
  • ショッピング保険がさらにグレードアップ(最大500万円)

ただでさえブランド力のある三井住友VISAカードのプラチナとなれば、もはや口説けない女性はいないのではないでしょうか。

せっかく三井住友VISAゴールドカードを所有するのであれば、三井住友VISAプラチナカードへの道が開けることを想定した上で、積極的にカードを活用していきたいですね。

 

三井住友VISAゴールドカード利用者の口コミ/評判

三井住友VISAゴールドカードの魅力は十分にご理解いただけたでしょうか。

さて、次にみていきたいのが、三井住友VISAゴールドカードを実際に利用している方の口コミです。

これから三井住友VISAゴールドカードを作成しようとしている方にとって、カードユーザーの口コミ/評判ほど参考になる情報はないでしょう。

ぜひ、以下の内容にもしっかりと目を通してみてくださいね。

口コミ①|三井住友VISAゴールドカードはデートの必須アイテム

デートの必須アイテム?そんなまさか。

このように思われる方もいるかもしれませんが、以下の口コミをご覧いただければ、三井住友VISAゴールドカードへの印象が変わるのではないでしょうか。

三井住友VISAゴールドカードをさらりと出しただけで、周囲の目の色が変わってしまうのはすごいですね。まさに、「人はお金ではない!」というセリフを一蹴してしまうかのようなリアクションです。

もちろん、三井住友VISAゴールドカードさえあればモテモテになれるわけではありませんが、同じスペックの人であれば、三井住友VISAゴールドカードを所有している方が断然有利なのは間違いないでしょう。

口コミ②|三井住友VISAゴールドカードはデザインがカッコいい

続いては、三井住友VISAゴールドカードのデザインに関する口コミを紹介していきます。

クレジットカードを取り出すのはお会計の時くらいですが、それでもやはり、自身の所有物のデザインにはこだわりたいですよね。

ステータス性やカード付帯のメリットに加え、デザイン性も優れていると考えれば、10,000円(税抜)の三井住友VISAゴールドカードの年会費が安く思えてくる方もいるのではないでしょうか。

口コミ③|三井住友VISAゴールドカードのユーザーは空港で快適に過ごせる

最後に紹介するのは、空港ラウンジ特典に関する内容です。

フライトの待ち時間は意外と長いものです。

特に何事にも余裕を持って行動する方であれば、フライトまでの待ち時間に何をしていいかわからなくて困る方もいることでしょう。

そんな時に非常に助かるのが三井住友VISAゴールドカードに付帯している空港ラウンジ特典です。

  • Wi-Fi完備
  • ドリンク飲み放題
  • 広々とした空間
  • ゆったりと寛げるソファ

英気を養いたい方はもちろん、ガッツリと仕事をしたい人、ゆったりと読書に耽りたい人も、三井住友VISAゴールドカードの空港ラウンジ特典で全てが叶います。

あなたも一度この快適さを体験してしまうと、もはや抜け出せなくなってしまいますよ。

 

三井住友VISAゴールドカードの入手方法

早く三井住友VISAゴールドカードを作成したいです!

と思われている方もいるかもしれませんね。

そこでここでは、三井住友VISAゴールドカードの入手方法について解説を進めていきたいと思います。

三井住友VISAゴールドカードの入手方法は以下の3通りです。

  • 直接申し込みする
  • インビテーションを受ける
  • 他の三井住友VISAカードから切り替える

以下、それぞれの方法について詳しくみていきましょう。

直接申し込みする

冒頭でも紹介した通り、三井住友VISAゴールドカードは直接申し込みが可能なクレジットカードです。三井住友VISAゴールドカードを直接申し込みするまでの流れは以下の通りです。

  1. 三井住友VISAゴールドカードの『公式サイト』にアクセスする
  2. 今すぐ申し込む』のバナーをクリックする
  3. 会員規約に同意して次のページに進む
  4. 必要事項を入力して送信する
  5. 各銀行のウェブサイトで引き落としの口座設定をする

ここまでです。

⑤の口座設定は、必ずしもネット上で済ませる必要はありませんが、三井住友VISAゴールドカードを申し込みする流れで同時に手続きを済ませると、最短3営業日でカードが発行されるというメリットがあります。

ちなみに、ネット上で口座設定が可能な銀行は以下の通りです。

  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • りそな銀行
  • ゆうちょ銀行
  • ソニー銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • イオン銀行
  • 一部の地方銀行

直接申し込みできるのは一定の条件を満たした方のみ

改めての確認となりますが、三井住友VISAゴールドカードを保有するためには、以下の条件を満たしている必要があります。

  • 満30歳以上である
  • 安定した収入がある(目安として年収300万円以上)
  • クレヒスに大きな傷がない

つまり、30歳未満の方はそもそも申し込みすることができませんし、安定した収入を得ることができていない方は、審査に通過することができないでしょう。

上記の条件をクリアできそうにない方は、直接申し込み以外の方法で三井住友VISAゴールドカードにアプローチしていく必要がありますね。

インビテーションを受ける

三井住友VISAゴールドカードはインビテーションを受けることでも作成することができます。

三井住友VISAゴールドカードの保有条件を満たせない方や、まずは非ゴールドカードから徐々にステップアップしていきたい方は、こちらの方法を選ぶのが良いでしょう。

将来的に三井住友VISAゴールドカードへ通じるクレジットカードとしては、以下のようなカードがあります。

  • 三井住友VISAクラシックカード/A
  • 三井住友VISAデビュープラスカード
  • 三井住友VISAアミティエカード
  • 三井住友VISAプライムゴールドカード

厳密に言えば、三井住友VISAデビュープラスカードや三井住友VISAプライムゴールドカードはインビテーションを受けるわけではなく、年齢に伴って自動的にステップアップできるという仕様です。

  • 26歳で三井住友VISAデビュープラスカードから三井住友VISAプライムゴールドカードへ
  • 30歳で三井住友VISAプライムゴールドカードから三井住友VISAゴールドカードへ

直接申し込みの場合と比べ、インビテーションもしくは自動ステップアップであれば、審査に対するプレッシャーがほぼないのが嬉しいですね。

他の三井住友VISAカードから切り替える

三井住友VISAクラシックカード/Aや三井住友VISAアミティエカードのユーザーが、以下の条件を満たしている場合は、インビテーションを待たずして三井住友VISAゴールドカードへの切り替え申請を出すこともできます。

  • 満30歳以上である
  • 安定した収入がある(目安として年収300万円以上)
  • クレヒスに大きな傷がない

もちろん、切り替え申請の場合にも審査が伴うため、確実に三井住友VISAゴールドカードを作成できるとは限りませんが、非ゴールドカードである程度の継続利用を積み重ねていれば、審査をクリアできる可能性も高いでしょう。

ちなみに切り替え申請は、三井住友カードの『公式ホームページ』から手続きを進めることができますよ。

信頼度が別格の三井住友VISAゴールドカードを持とう!

三井住友VISAゴールドカード

ここまでを読み進めていただいた方ならすでにご理解いただいている通り、三井住友VISAゴールドカードの信頼度については文句のつけようがありません。

Twitterに投稿されている口コミからもうかがえますが、三井住友VISAゴールドカードをチラリとのぞかせるだけで、相手の印象を一変させてしまうこともあるから驚きですよね。

ここで改めて、三井住友VISAゴールドカードで得られるメリットを確認しておきましょう。

  • 新規入会キャンペーンで漏れなく利用額の20%プレゼント
  • タダちゃんで上限10万円までの買い物が無料
  • 各コンビニやマクドナルドはポイント5倍
  • ポイントUPモールの経由でネット通販がお得
  • ココイコの利用でリアル店舗がお得
  • セキュリティに優れている
  • 空港ラウンジが利用できる
  • 充実の旅行傷害保険が付帯
  • ショッピング補償が付帯
  • 電子マネーのiDが無料で利用できる
  • 三井住友銀行のATM手数料が無料
  • 三井住友VISAプラチナカードへのインビテーションが届く

あなたも三井住友VISAゴールドカードを手中に収めれば、ビジネスや恋愛を圧倒的に有利に進めることができるかもしれませんよ。

 

三井住友VISAゴールドカードまとめ

三井住友VISAゴールドカードは信頼度、ステータス性、カードスペックなどありとあらゆる面において申し分のない1枚です。

人によっては三井住友VISAゴールドカード1枚で全てが事足りるという方もいることでしょう。ゴールドカードにもかかわらず、WEB明細やマイ・ペイすリボの活用で年会費を4,000円(税抜)にまで軽減できるというのも大きな魅力ですよね。

あなたもぜひ、三井住友VISAゴールドカードを作成することで、さらなる信頼を勝ち取りましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました